土屋太鳳嫌いというアンチ土屋太鳳も、IQ246土屋太鳳がキャストを演じる和藤奏子の演技には驚かされているのではないでしょうか。コメディではなく、ミステリーというジャンルで括られているようですが、主演の織田裕二をはじめ、ディーン・フジオカや中谷美紀など演技抜群の俳優が揃って、息の合った「ボケとツッコミ」を随所で見せてくれます。土屋太鳳のコメディアンヌぶりも遺憾なく発揮されています。

IQ246
ドラマ公式サイト

 

IQ246 土屋太鳳嫌いも好きになる和藤奏子役

IQ246キャスト一覧まとめ 織田裕二主演のコミカルミステリー >

IQ246~華麗なる事件簿~で、土屋太鳳がキャストを演じる和藤奏子役が、とっても面白いです。余りの面白さに土屋太鳳嫌いというアンチでも、好きになるのではないでしょうか。

土屋太鳳の扮する和藤奏子は、警視庁捜査一課の若手女性刑事で、別に頭が悪いわけではありません。

しかし、任務をして護衛を預かった法門寺沙羅駆が、IQ246というとてうもない「頭の大きな超人」で、和藤奏子が幾ら優れた刑事とはいえ、軽くあしらわれてしまいます。

土屋太鳳嫌いというアンチ土屋太鳳も、このキャスト、和藤奏子を演じる土屋太鳳を見れば、断然、土屋太鳳が好きになるのではないでしょうか。

人気女優の土屋太鳳ですから、多くのファンを獲得しています。しかし、有名になればなるほど、土屋太鳳嫌いというアンチ土屋太鳳も当然のように多くなります。

和藤奏子役 土屋太鳳
ドラマ公式サイト

 

そこで、いろいろ見ていくと、土屋太鳳嫌いとするアンチの中に、大きく二つのパターンが存在することに気づきました。

一つは、土屋太鳳が「ぶりっこ」ぽくて、「気取り屋」、「演技がわざとらしい」とかいうものです。つまり、土屋太鳳の演技だったり、見掛けのイメージだったり、性格が嫌いとする意見です。

それから、もう一つが、「まれ」で共演した山崎賢人と親しくなり、それを口に出して言ってしまったことで、山崎賢人の女性ファンからのバッシングが多くなったというものです。

しかし、そんな土屋太鳳ですが、今回IQ246で演じるキャストの和藤奏子は、立派な刑事のはずですが、相手はIQ246の法門寺沙羅駆を演じる織田裕二です。女性ファンからのバッシングは、山崎賢人ほどではないでしょうし、頭脳が超人的な沙羅駆に、揶揄われる役なので、「ツンデレ」役とは正反対です。

可愛い土屋太鳳が、とことん、織田裕二演じる沙羅駆に、扱き下ろされる役なので、前述のような「気取り屋」とは正反対の役どころなので、非難されないで済みそうです。

もっと、言えば、「ボケ」役を演じる土屋太鳳の演技が妙にコミカルで、アンチ土屋太鳳でさえ、受けるのではないでしょうか。

管理人は、「下町ロケット」で演じた佃利菜役や、「お迎えデス。」の阿熊幸役よりずっと好きな土屋太鳳の演技と役どころです。大袈裟に演じても、それがオーバーに見えないくらい丁度良い演技だと思いますね。

 

IQ246 土屋太鳳嫌いも好きになる和藤奏子の美味しい役柄

IQ246中谷美紀がかわいい変人監察医を熱演!眼鏡もお似合い! >

IQ246で、土屋太鳳が扮する和藤奏子は、法門寺沙羅駆の護衛として任務を任されますが、そんな護衛官に縛られるような法門寺沙羅駆ではありません。

あーあ、喉が渇いた」と沙羅駆が声を大きくすると、「豆乳?買い出し」を命ぜられ、万札を手に買いに出かける和藤奏子は愉快ですね。

もちろん、その隙に沙羅駆と執自の賢正は、事件を探りに出かけてしまいますがね。毎回と、言ってもまだ1、2話ですが、このシーンは「お約束」となりそうなので、とても楽しみです。

和藤奏子役 土屋太鳳
ドラマ公式サイト

 

それから、いつも適当にあしらわれている和藤奏子ですが、甘い物が好きで、ケーキを出されて眠り薬が入っているとも知らず、「沙羅駆様、いただきます」と甘い笑顔でむしゃむしゃ食べる土屋太鳳はとっても可愛いです。

薬が効いてくると、眠りながら、「沙羅駆、いい奴だな」と寝言を吐くシーンでは大爆笑でした。

土屋太鳳の演技を見ていて強く感じるのは、この役が土屋太鳳に非常に合っているという点でしょうか。土屋太鳳の自然さというか、「はまっている」感じがしてきます。どこから見ても、土屋太鳳には美味しい役柄の和藤奏子役といえるのではないでしょうか。

IQ246和藤奏子のキャストで、土屋太鳳嫌いというアンチ土屋の視聴者の心を掴めることになれば、土屋太鳳にとって、本当に「美味しい」役ということになるでしょう。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。