先週、初優勝を遂げた松森彩夏が、史上3人目となる初優勝から二週連続優勝の記録に挑戦中です。三日目を終了時点で四打差の4位スタートとなる松森彩夏が優勝すれば、史上3人目の初優勝二週連続Vの記録となります。今週も敵は笠りつ子と松山英樹です??

 

松森彩夏の初優勝がかすむ松山英樹の日本オープン優勝

松森彩夏初優勝なるか?チャンス到来!最終日ハーフでトップ! >

先週は、激戦を制した松森彩夏初優勝でしたが、せっかくの優勝が男子、日本オープンゴルフの松山英樹の優勝に話題をさらわれた格好になってしまいました。

この数年、ずっと応援したきた松森彩夏初優勝に喜んだのも束の間、話題は男子プロの日本オープンに集中し、松森彩夏初優勝はかすんでしまいました。

しかし、それは無理もないことですね。何しろ、相手はPGAで世界を相手に闘っている松山英樹、しかも大会は地元日本で開催の日本オープンゴルフですからね。

松山英樹は、今週もマレーシアで行われているトーナメントで優勝を狙える位置でプレイしています。まあ、松森彩夏の「裏のライバル」ともいえる存在ですね。(笑)

 

松森彩夏の二週連続Vを阻むライバルは今週も笠りつ子

松森彩夏初優勝!最終日マイナス4のスコアで逆転優勝! >

初優勝となった先週の富士通レディースから続いて、松森彩夏は、今週のNOBUTA GROUP マスターズGCレディースでも好調を維持しています。

三日目終了時点で、トップは、鈴木愛と笠りつ子の14アンダー。松森彩夏は、4打差の10アンダーで最終日を迎えました。そして、ライバルとして立ちはだかるのが、先週と同じ笠りつ子です。笠りつ子は、年間のトップ、つまり賞金女王を目標にプレイしているので、今回の大会も最大のライバルですね。

同じトップで並ぶ鈴木愛、そして2打差3位に韓国のアン・ソンジュがいますので、松森彩夏が簡単に勝てる状況ではありません。

しかも、松森と同じ10アンダーグループには、韓国の全美貞や、売り出し中のキム・ハヌルがいます。そして、9アンダーには上田桃子と木戸愛が控えています。

最終日に爆発するスコアを平気で出す韓国人プロは多いですので、優勝スコアはもっと上がるはずです。その意味において、松森彩夏にも連続優勝の可能性があります。

何故なら、先週初優勝した富士通レディース、二日目には30位から一気に3位浮上となる64の自己ベストスコアを出しているのです。1ラウンドで8アンダーパーを出せる実力は、攻めのゴルフに徹する韓国のゴルファーに対抗できる力を秘めています。

 

松森彩夏が優勝すれば史上3人目?初優勝・二週連続V?

今週のNOBUTA GROUP マスターズGCレディースに優勝すれば、初優勝から二週連続でVとなる松森彩夏となるので、気になって調べてみました。

すると、もし、松森彩夏が優勝となれば史上3人目となる初優勝から二週連続優勝の快挙になるようです。

二週連続優勝」というのは、毎回出る優勝者にチャンスがあるわけですから、達成者の記録は多いわけです。

しかし、「初優勝」から二週連続というのは、意外と思ったほど多くはありません。事実、調べてみても簡単には出てきませんでした。

因みに、最後のチャレンジャーは、去年初優勝した西山ゆかりでした。師匠・芹沢信雄と一緒のラウンドで見事開花、初優勝を飾ったのですが、翌週、連続優勝のチャンスがあったのですね。

ツアー史上3人目となる初優勝から2週連続優勝を狙うNEC軽井沢72ゴルフ 2日目 西山ゆかり<写真:Masterpress/Getty Images>

 

これが、去年のことですから、松森彩夏の「初優勝二週連続V」はこの時以来ということになりますね。

因みに、「初優勝二週連続優勝」者を調べてみましたが、簡単に見つかりませんでした。分かり次第、追記させていただきますが、それくらい難しい記録だということが分かります。松森彩夏の最終日の爆発を期待しています。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。