ドクターX4視聴率がすでに発表され2話視聴率は19.7%と20%を下回ってしまいました。前回、視聴率の項でも述べたように、初回ご祝儀相場を考えると20.4%の初回視聴率が低めだと危惧していましたが、やはり若干陰りが出てきたのでしょうか。

ドクターX
ドラマ公式サイト

 

ドクターX4の視聴率は悪くないことは歴然

ドクターXキャスト一覧まとめ フリー外科医大門未知子の敵味方 >

視聴率低下が叫ばれるようになって久しいドラマ界ですが、その中で、コンスタントに20%の視聴率を維持してきたドクターXは、20%台が陥落したといっても、恥じるような数字ではありませんね。19.7%という数字は悪くないことは歴然としています。

芸能記事などにも出ていますが、昨今のドラマ界においては、一桁台に終始するドラマが多い中で二桁の数字が、一つの目標になっているとも言われています。

大門未知子役 米倉涼子
ドラマ公式サイト

 

その意味において言えば、19.7%というのは、ほぼ20%ですから、ダブルスコアで数字を出していることになります。

ドクターX4視聴率 1話は20%超!人気番組は健在だった >

問題は、この後、どのように推移するかですね。

 

ドクターXの死角はあるのか?あるとすればどこに?

米倉涼子のファッションが人気の秘密!ドクターXの大門未知子役 >

前回のシリーズ、ドクターX3の視聴率が全話20%超えを記録し、最終回では27.4%の年間最高視聴率のおまけ付き。今年のスペシャルでも22.0%でしたので、ヒロイン役の米倉涼子の言う「プレッシャー」は相当のものがあるでしょうね。

これまでも、ドクターXの人気の秘密を探ってきましたが、どこかに死角はないのでしょうか。

ヒロイン大門未知子役の米倉涼子をはじめ、神原名医紹介所の所長・神原晶の岸部一徳や、麻酔科医の城之内博美に扮する内田有紀も盤石なキャストです。

米倉涼子 吉田剛太郎
ドラマ公式サイト

 

その他、滝藤賢一や吉田剛太郎など脇役陣も豪華で申し分のない実力者ばかりです。その上、元ミスユニバースの日本代表だった田中道子などフレッシュで話題性のある新人女優などもキャスティングされ、配役にも死角を感じさせません。

独断と偏見をお許しいただけるなら、管理人の勝手な想像では、脚本次第だと思うのです。死角があるとすれば、脚本に行き着いてしまうのですが、ポイントは二つあります。

一つはプロット(筋書)に、大学病院内での「出世争い」がメインテーマにならないことだと思うのです。「出世競争」はあっても良いのですが、元々ヒロインの大門未知子は「出世競争」には興味がないのですから、あまり内科や外科だのと医者の競争を入れ込み過ぎると、プロットが単純過ぎて飽きてしまうのではないでしょうか。

大門未知子役 米倉涼子
ドラマ公式サイト

 

それから、もう一つは、手術シーンの時間的割り振りでしょうか。難しいオペに挑戦して、オペを成功されるところは、すっきりして爽快であり、「大門未知子、ここにあり」というアピールする場面で良いのですが、ややもして、オペのシーンが長過ぎると感じるようなことがあると、これも逆効果になるのではないでしょうか。

難しい作業でしょうが、この辺の分析を怠らずに、視聴者がどのような場面やシーンを見たいのか、それを外さなければ、視聴率のカムバックは容易に成し遂げらえると思います。

ドクターX4の3話以降に期待します。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。