貫地谷しほりが「おみやさんスペシャル2」で渡瀬恒彦扮する鳥居勘三郎刑事のパートナー役として神尾ちずのキャストを演じます。おみやさんスペシャルで新パートナーとなった貫地谷しほりの刑事役は、これがスペシャル連続の登板となります。今回は渡瀬恒彦と組んでどんな活躍を見せてくれるのでしょうね。あらすじと一緒にご紹介します。

おみやさんスペシャル2
ドラマ公式サイト

 

渡瀬恒彦主演の人気シリーズ「おみやさん」に登場した貫地谷しほり

土曜ワイド劇場おみやさんスペシャル2キャスト一覧のまとめ >

渡瀬恒彦の人気シリーズ「おみやさん」が2年ぶりに復活した今年2月の土曜ワイド劇場「おみやさんスペシャル」に、渡瀬演じる鳥居勘三郎の新しいパートナーとして登場したのが貫地谷しほりです。

京都鴨川東署から京都府警本部に異動となった鳥居勘三郎は、相変わらず資料の整理という閑職に追いやられたままです。

そんな鳥居勘三郎の「監視役」として命ぜられたのが、捜査一課で唯一の女性刑事、神尾ちずです。愛くるしい顔をした貫地谷しほりの温かい演技も好評で、ベテラン渡瀬恒彦とも息も合っていて、「おしどり」ぶりを演出しています。

今回は12年前の「折り紙バラの花」事件と京都の通称「大文字焼き」、「五山の送り火」も事件解決に登場し、貫地谷しほり同様、ちょっぴりロマンチックなドラマに仕上がっているのではないでしょうか。すこし、あらすじから、流れを見ていきましょう。

 

渡瀬恒彦主演「おみやさんスペシャル2」のあらすじ

おみやさんスペシャル2は、京都市内の神社で発見される男性遺体から始まるようです。謎のメモ「蛇」というメッセージが、渡瀬恒彦が演じる鳥居勘三郎の記憶呼び覚ますのでしょうか。あらすじを追うことにします。

渡瀬恒彦 貫地谷しほり
ドラマ公式サイト

 過去の捜査資料から事件を紐解く窓際警察官“おみやさん”こと鳥居勘三郎(渡瀬恒彦)が、刑事企画課資料係の係長として京都府警本部に異動してきて、半年――。膨大な過去の捜査資料と共に、いまだ捜査一課の小会議室に間借りしている。
京都市内の神社で男性の刺殺体が発見され、神尾ちず貫地谷しほり)ら捜査一課の刑事たちが捜査を開始した。現場からは細かく破られた紙片が見つかり、そのうちの1枚に『蛇』という文字が記されていた。犯人が現場でメモを破り捨てたのだろうか…!?
まもなく被害者は、詐欺グループの番頭格、三木秀介(阿部丈二)と判明。調べたところ、三木は最近、高校生の少年・新垣隼人(前田旺志郎)をグループに引き入れていたことがわかった。また、破り捨てられたメモの一片が新たに見つかり、そこには『破滅』の2文字が記されていた。三木には『スネーク』の異名があったことから、『蛇』を『破滅』させろ、つまり三木殺害を命じた、詐欺グループトップからの指令メモと考えられた。

そんな中、鳥居はちずが捜査から持ち帰ったあるものに目を留める。それは、隼人の母・さやか(加藤貴子)が折り紙で作ったバラの花だった。それを見た鳥居は12年前、京都市内で起きた資産家殺人事件を思い出す。その未解決事件の凶器発見現場からも、よく似たバラの折り紙が見つかっていたのだ…。
さらにメモの紙片を分析した結果、ある大学のオリジナルノート用紙だと判明。3年前、その大学の学生が詐欺グループに加担した事件を思い出した鳥居は、逮捕された学生が所属していた哲学科の教授・朝比奈拓郎(佐野史郎)を訪ねる。朝比奈は何を聞かれても「知らない」と答えるだけだったが、鳥居は朝比奈のデスクに折り紙のバラが飾られていたのを見逃さなかった…。

その頃、捜査一課の刑事たちは、三木が死の直前に連絡を取った男を訪ねていた。その男、真壁礼司(神尾佑)は三木の不良時代の先輩で、現在は実業家として成功を遂げていた。刑事たちは真壁こそが三木殺害を命じた詐欺グループのトップではと疑うが、彼は余裕の笑みで事件への関与を否定した上、「ここから大文字の送り火がよく見えるんですよ」と、意味深に五山の送り火の一つを眺めるのだった。
捜査が難航する中、思いがけない事態が起きる。なんとインターネットの掲示板に、『まもなく二匹目の
蛇が破滅する』と、第二の犯行予告が書き込まれたのだ! はたして鳥居たちは第二の事件を防ぐことができるのか…!? そして折り紙のバラに秘められた意味、『蛇』と『破滅』が示す真のメッセージとは…!? 京都の夏の風物詩「五山の送り火」が、バラバラに見えた事件を一つに結んでいく!
引用元:番組公式ページ
http://www.tv-asahi.co.jp/omiyasan2016/

 

「おみやさんスペシャル」で活躍した貫地谷しほりの神谷ちずが再登場

土曜ワイド劇場おみやさんスペシャル2キャスト一覧のまとめ >

2年ぶりに復活したおみやさんスペシャルで、渡瀬恒彦と共演を果たした女優の貫地谷しほりですが、その前から連続テレビ小説の「ちりとてちん」でも共演していますから、相性は抜群です。

前作のおみやさんスペシャルでは、「赤いスカーフ」がキーワードとなりましたが、今回のキーワードは「折り紙のバラ」です。

貫地谷しほりが扮する神谷ちずが、「折り紙のバラ」の事件真相に迫る資料集めに奔走するのではないでしょうか。

神尾ちず役 貫地谷しほり
ドラマ公式サイト

渡瀬恒彦の演じるのんびりムードの中にも真剣み溢れる鳥居勘三郎に対し、貫地谷しほりの扮する、どこか温かみのあるフンワカムードの若手女性刑事の神谷ちずが、刑事ドラマでは珍しくヒューマンタッチで描かれているのが、おみやさん人気の秘密のように思っています。

胆嚢がんという大病と闘っている渡瀬恒彦さんの完全回復を祈るとともに、おみやさんスペシャル2の成功を期待します。貫地谷しほりと息の合った演技が楽しみです。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。