ロックバンド黒猫チェルシーのヴォーカル渡辺大知が「ドクターX」新シリーズで1話のゲストキャスト一木淳で熱演しました。渡辺大知は若きIT企業の社長、難病を抱えた一木淳の役どころをしっかり押さえていましたね。手術後の演技が印象的でした。

ドクターX
ドラマ公式サイト

 

ロックバンド黒猫チェルシーの渡辺大知

ドクターXキャスト一覧まとめ フリー外科医大門未知子の敵味方 >

ロックバンドの黒猫チェルシーとは、2007年に結成された四人組のロックバンドで、ヴォーカルの渡辺大知をはじめ、ギターの澤竜次、ベースの宮田岳、それにドラムの岡本啓佑で構成されています。

兵庫県神戸市で産声を上げた黒猫チェルシーは、地元のライブハウスでデビューしました。地道な活動を続け、翌年、2008年に、拠点としていたライブハウスの推薦もあり、音楽番組「音燃え!」(日本テレビ)に出演しました。

徐々に知名度もあがり、その年には単独ライブ「黒猫チェルシーホテル」を成功させました。メンバー全員が高校卒業を目途に拠点を東京に移して、本格的音楽活動をはじめ、UKプロジェクトから初めてのアルバム「黒猫チェルシー」を発表しました。

一木淳役 渡辺大知
ドラマ公式サイト

 

そして、この年、渡辺大知は、映画のオーディションを受けます。ヤングアダルトの世界を描いた「色即ぜねれいしょん」のオーディションには二千人を上回る応募者がありましたが、渡辺大知は、なんとこれをクリアしてしまいました。

合格した渡辺大知は、アメリカンドリームならぬジャパンドリームのように、初めて出る映画に「初出演・初主演」という快挙を成し遂げたのです。

しかも、それだけでは終わりませんでした。渡辺大知は、この映画「色即ぜねれいしょん」で、2010年の日本アカデミー賞の新人俳優賞を獲得してしまったのです。

黒猫チェルシーは、タレントのダウンタウン、浜田雅功・小川菜摘の長男、「ハマ・オカモト」名で活動する濱田郁未が所属するバンド「OKAMOTO’S」ともコラボしてコンサートを行うなど、積極的に活動するとともに、渡辺大知が出演したNHK「まれ」にも劇中バンドとしてキャストに名を連ねました。

 

黒猫チェルシー渡辺大知の演技がかっこ良かったドクターXの一木淳役

ドクターXキャスト一覧まとめ フリー外科医大門未知子の敵味方 >

黒猫チェルシー渡辺大知が「ドクターX」で演じた一木淳の演技ですが、若きIT企業の社長役は似合っていましたね。

重病患者の役どころなので、「元気はつらつ」とはいきませんでしたが、若い社長のわりにはしっかりした責任のある役どころを、西田敏行吉田剛太郎を前に、堂々とした演技を見せてくれました。

渡辺大知が特にかっこ良かったシーンは、大勢集まった病院での一木淳の記者会見のシーンと手術後に大門未知子と出会うシーンでした。

記者会見では、大病院のカンファランスホールに集まった大人数の医療関係者やプレスを相手に、IT企業社長よろしく、スマホによる手術の実況中継をすると発表するシーンは「やり手」を印象付ける名演技でしたね。

一木淳役 渡辺大知
ドラマ公式サイト

 

そして、ニューコーク帰りの外科医・北野亨に代わり手術を成功させた大門未知子と出会うシーンは、もっとかっこ良かったです。車椅子に乗り、病院の外で空気を吸っている一木淳の傍を通る大門未知子を見つけると、手術を施したのは公表されている北野亨ではなく、実は未知子だったのだろうと話ます。

肯定も否定もしない大門未知子でしたが、そこには、「患者と医者」に絆のような糸を感じる一木淳がいました。深々と大門未知子に礼を言う一木淳を演じた渡辺大知が印象に残りました。

これからも、渡辺大知のドラマ出演は増えるでしょうから、今後の活動も黒猫チェルシー同様に要注意ですね。楽しみな俳優となるでしょう。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。