ドクターX~外科医・大門未知子で、西田敏行が東帝大学病院の新病院長・蛭間重勝キャストで登場します。「医学界の渡り鳥」、智謀と策略でライバルや部下の失脚を図り、東帝大学病院の新しい病院長の座についた「医療界の保身の鬼」蛭間重勝キャストを演じる西田敏行の悪党ぶりが見ものです。

ドクターX
ドラマ公式サイト

 

ドクターXキャスト西田敏行が蛭間重勝のキャストで東帝大学病院長に

< ドクターXキャスト内田有紀が城之内博美役で麻酔外科医に  >

ドクターXで、西田敏行が演じるキャストは、東帝大学病院の新しい病院長に就任する蛭間重勝です。ドクターXシリーズでは、第2、第3シリーズ、そしてスペシャルに続いての登場となる西田敏行キャスト蛭間重勝は、今作でもスーパー外科医のフリーランス大門未知子を敵視し、利用できなければ「切る」スタンスは変わらないでしょう。

自分の出世のためなら、同僚であろうと部下であろうと利用できる限り利用し、必要とあらば「切り捨て御免」の蛭間重勝とは、どんな人物なのでしょう。

蛭間 重勝(ひるま・しげかつ)(65)役  西田 敏行

「東帝大学病院」の新病院長。「帝都医科大学付属病院」の外科統括部長をクビになった後、「西京大学病院」病院長、「国立高度医療センター」総長を就任。その後、汚い策略を張り巡らせて「東帝大学病院」の病院長・久保茂を失脚させ、その座をかすめ取った。表向きは温和だが、逆らう者はバッサリと切り捨てる冷血漢。大門未知子に対して、積年の恨みを抱いている。

引用元:ドラマ公式ページ
http://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x/cast/

蛭間重勝役 西田敏行
ドラマ公式サイト

権力争いの巣窟である大学病院という組織の中で、「医療の闇」を隠蔽しながら、這い上がってきた「権力と色欲の亡者蛭間重勝は、恨みを覚えながらも大門未知子米倉涼子)の腕にすがる卑怯者です。

でも、その分「高くつき」、神原名医紹介所の神原所長からは、口止め料込みの高い請求書と高級メロンが届きます。(笑)

これまで、帝都医科大学付属病院外科部長から、西京大学病院の病院長、国立高度医療センター総長と渡り歩き、第4シリーズでは、帝都医大時代の先輩で、東帝大学病院の院長・久保茂(竜雷太)を陥れ、失脚させると自分がその座に滑り込んだ悪玉です。

西田敏行が演じる蛭間重勝は、看護師に手を出し、病院の内外に愛人を作っていると噂される人物でもあります。

 

ドクターXキャスト 東帝大学病院長に就任する蛭間重勝を演じる西田敏行とは?

ドクターXキャスト米倉涼子が大門未知子役でフリーの外科医に >

ドクターXで、蛭間重勝キャストを演じる西田敏行と聞いて知らない人は、まずいらっしゃらないでしょうね。現在68歳になる西田敏行といえば、超がつくベテラン俳優で、歌手としても「もしもピアノが弾けたなら」で有名です。映画やドラマでもお馴染みの「釣りバカ日誌」シリーズでのキャスト、浜崎伝助といえば、西田敏行の別称とも呼べるくらい広く知れ渡っています。

元々、この「釣りバカ日誌」は、松竹で当時人気だった渥美清の「男はつらいよ」の同時上映作品として、「刺身のツマ」的、裏番として制作されていました。当初からまずまずの評判で、渥美清が亡くなってしまい、その後、松竹の看板映画として育ちました。

西田敏行は福島県郡山出身で、5歳の時父親を亡くし、母方の伯母夫婦に育てられました。中学校の演劇部に所属し、その頃から福島弁を話す自分に危機感を抱き、標準語を習うという意思で、中卒と同時に上京しました。

昭和41年、明治大学に入り、日本演技アカデミーの夜間部にも所属しました。しかし、大学の方はすぐに辞めてしまい、日本演技アカデミーの夜間部から昼間部に転向し、翌年に無事卒業します。このアカデミー時代に「渥美清の泣いてたまるか」(TBS)で俳優デビューしました。

蛭間重勝役 西田敏行
ドラマ公式サイト

 

その後も、青年座の俳優養成所などを経て、青年座の座員として、舞台で活躍しました。大物俳優の森繁久彌と共演した「いごこち満点」や「三男三女婿一匹」での演技が評判となり、人気を得たのです。

しかし、超大物俳優となったその一方で黒い噂も絶えなく、「大物俳優N逮捕間近」とか「Xデー近し」といった疑惑も話題となった最近です。特に、野球の清原和博の逮捕後、イニシャルのNが頻繁に登場したことも、黒い噂につながったようです。

もし、仮にそのような事態が発生すれば、ドクターXのシリーズにも大打撃となってしまいかねません。Xデーにならないように願っています。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。