ドクターX~外科医・大門未知子で、岸部一徳が神原名医紹介所の所長・神原晶キャストを演じます。少々、オカマっぽい神原晶所長の役作りも、妙に似合ってきて、「メロンと請求書」もすでにトレードマークとなっています。相変わらぬ低音が魅力の岸部一徳の貴重な役回りは今回も見せ場を作ってくれるでしょう。

ドクターX外科医・大門未知子
ドラマ公式サイト

 

ドクターXキャスト岸部一徳が神原晶のキャストで神原名医紹介所の所長に

ドクターXで、岸部一徳が演じるキャストは、神原名医紹介所の所長・神原晶です。ドクターXの第1シリーズからレギュラーで神原晶を演じている岸部一徳ですが、役慣れしている刑事とかではなく、プライベートな名医紹介業務を手掛けるビジネスマンで、少々、オカマ繋った変な所長役です。

メロンと請求書」を持って歩く神原所長役も型にはまってきた岸部一徳は、今クール、第4シリーズでも健在です。

権力など鼻にもかけないスーパー外科医・大門未知子米倉涼子)を擁する神原名医紹介所の所長・神原晶とは、どのような人物なのか、案内から見てみましょう。

大門未知子が所属する「神原名医紹介所」の所長。未知子が「師匠」と慕う存在。元外科医だが、過去に医師免許をはく奪されているなど、謎の多い男。大学病院の内情にも詳しく、営業に余念がない。趣味は麻雀。第3シリーズでは手術適応外の重病に冒されたが、未知子のオペにより命を救われた。

引用元:
http://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x/cast/

神原晶役 岸部一徳
ドラマ公式サイト

 

失敗しない女」大門未知子の仕事(手術)が終わる度に、「メロンと請求書」をもって挨拶に上がる神原晶所長には、笑いも出てしまいますが、ドクターX岸部一徳が演じる神原晶は、その話し方もオカマっぽくて、最初は多少い持ち悪いですが、見慣れてくるとコミカルで面白いです。岸部一徳の役作りにしては、珍しいといえ、脚本・演出家によって作りだされたキャラクターかも知れませんね。

 

ドクターXキャスト 神原名医紹介所の神原晶のキャストを演じる岸部一徳とは?

ドクターXで、神原晶キャストを演じる岸部一徳といえば、その昔、一世を風靡したグループサウンズの第一人者ザ・タイガースでベースを担当していました。当時は「一徳(いっとく)」ではなく、本名の岸部修三(しゅうぞう)を「おさみ」と呼んでいて、愛称は「サリー」でした。

管理員よりも少し若い世代になると「サリー」といえば「魔法使い」でしょうが、管理人の世代から上になると、「サリー」といえば岸部修三を指していましたね。

タイガーズとは、阪神タイガースではなく、正式にいうと「ザ・タイガース」といい、京都出身の若者5人(岸部の他にボーカルの沢田研二、加橋かつみ、森本太郎、瞳みのる)が結成したバンドで、グループサウンズ(和製英語)の代表的バンドでした。当時の人気ぶりは、今日でいう「SMAP」や「」といったところでしょうか。

ザ・タイガースの前身は、岸辺修三を中心とした「サリーとプレイボーイズ」といい、沢田を除いた四人がベンチャーズに触発されてできたバンドでした。

ザ・タイガースは日本全国にその名を轟かせた後、67年の「僕のマリー」デビュー後7年、1970年にグループサウンズの人気の終息と共に解散しました。

ベースのサリー、岸部修三は、ザ・タイガース解散後は、PYGや井上堯之バンドなどを経て、1975年の沢田研二のコンサートを最後に音楽の世界から引退します。

神原晶役 岸部一徳
ドラマ公式サイト

 

音楽の世界を引退した年、岸部修三は阿久悠原作のドラマ「悪魔のようなあいつ」(主演は沢田研二)をきっかけに俳優として生きる道を選択、芸名も「修三」から一徳へ改名しました。

長身に面長の顔は、岸部一徳本人とすぐ分かる特長があり、つまりどのような役を演じても「岸部一徳」が表に出ている、業界用語では「ヒムセルフ型」と呼ばれる岸部一徳ですが、幅広いキャストを演じることができ、大林宣彦監督や市川崑監督、北野武監督の作品などの常連俳優です。

すでに69歳となった岸部一徳ですが、ドクターXの「顔」でもある神原晶キャストで第4シリーズでもその存在感を証明してくれるでしょう。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。