内山理名磯貝亜矢キャストで、湊かなえサスペンス「望郷」の「雲の糸」の主人公黒崎ヒロタカの姉、磯貝亜矢役を熱演します。

望郷
ドラマ公式サイト

 

望郷「雲の糸」内山理名のキャスト磯貝亜矢は島育ち

内山理名が演じるキャスト磯貝亜矢は、瀬戸内海の小島、白綱島で生まれ育った女性です。弟の磯貝宏高は、高校卒業後、上京し、今では人気アーティストとなりました。

磯貝亜矢の少女期を演じるのは井頭愛海ですが、弟が生まれてすぐに起こった一家の事件の真相を知っていました。

しかし、母の律子から、不憫な思いをさせたくないと、真実を語ることは封じられていたのです。

白綱島で生まれ、白綱島で育ち、白綱島で生活している磯貝亜矢は、久しぶりに帰ってきた弟のヒロタカの心の闇を知っていました。

 

望郷「雲の糸」で内山理名が魅せる磯貝亜矢の告白シーン

磯貝亜矢が、歳を重ねて帰ってきた弟が未だに心に闇を抱えていることを知り、本当の真実を弟に語るシーンは最大の見どころとなるでしょうね。

それまで、家庭内暴力(DV)が原因とされていた母による父の死は、実は母に対する虐待ではなかったのです。

磯貝亜矢役 内山理名
ドラマ公式サイト

 

酒に溺れて生まれたばかりのヒロタカに手を掛けようとしたことから、息子の命を守るために発生した事故だったのです。

長年、ヒロタカを苦しめてきた暗い過去の真実が姉、亜矢の口から語られるシーンは、ヒロタカのみならず、視聴者の胸をもえぐるようなシーンとなるでしょう。

デビュー以来、高校生や娘役などで好評を博した内田理名もすでに34歳となり、中堅の女優に成長しました。濱田岳演じる磯貝宏高の姉、磯貝亜矢を演じる内山理名の熱演に大きな期待がかかります。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。