遠藤憲一が「必殺仕事人2016」で、瓦屋の陣八郎のキャストで正式に仕事人の仲間に入ります。前作で、妻の泣きぼくろのお宮を失って行き場所の無くなった瓦屋の陣八郎は、良き仕事仲間となれるのでしょうか?「必殺仕事人2016」では、仕事仲間からあらぬ嫌疑をかけられる陣八郎です。

必殺仕事人
ドラマ公式サイト

 

遠藤憲一が瓦屋の陣八郎で仕事人仲間に正式加入

必殺仕事人2016キャスト一覧まとめ 配役と役柄も >

必殺仕事人2015」で、泣きぼくろのお宮(山本美月)と一緒に裏稼業にも精を出していた瓦屋の陣八郎を演じたのがエンケンこと遠藤憲一です。

元瓦屋とはいうものの、元来、風来坊で賭博好きの女好きの陣八郎は、仕事仲間として一緒にやっていけるのでしょうか。

今作、「必殺仕事人2016」では、仕事現場から依頼されていない死体が出てきてしまったことから、この「仕事」は別の人物の仕業として陣八郎に嫌疑が向けられてしまいます。

いったい、その結末と、どのような曰くで瓦屋の陣八郎が正式に「仕事人」の仲間に加わるのか、その辺が見どころとなるでしょうね。

そもそも、必殺仕事人2015の前作では、元締め的役柄の花御殿のお菊から、仕事人たちに関わりを持たないようにと嫌われていた陣八郎が、どのように受け入れられるのか、興味深いです。

 

30年ぶりの「必殺仕事人」出演となる遠藤憲一

必殺仕事人2016キャスト一覧まとめ 配役と役柄も >

遠藤憲一は、30年前、まだ駆け出しだった頃、必殺仕事人シリーズに出演したことがあるのです。去年、「必殺仕事人2015」に出演した遠藤憲一は次のようなコメントを残しています。

 

『必殺仕事人』、30年ぶりなんですよ。
まだデビューしたばっかりで役者の仕事にも慣れていない時期で、右も左もわからないまま演じた思い出しかなくて、どんな役だったかほとんど覚えてないんです。地に足がつかない状態で、「ああ、終わっちゃったなあ」っていう記憶だけ。 だから、今回、こうやってガッツリ参加させてもらえるのはうれしいですよね。

引用元:http://www.asahi.co.jp/hissatsu2015/interview/endou.html

 

実は、30年前の遠藤憲一は、「仕事人」としてではなく、徳川宗孝のキャストで出演していたのです。これは、必殺シリーズの「必殺仕事人V」の26話でシリーズの最終回「主水、下町の玉三郎と出会う」(1985年)でした。

遠藤憲一といえば、「強面」のイメージが強い役者ですので、殿様の役柄より、今回のように仕事人的な役柄の方が似合っていると思うのは管理人だけではないでしょうね。(笑)

30年ぶりに「必殺」に登場した去年から、今年は正式に「仕事人の仲間」となる遠藤憲一の演じる瓦屋の陣八郎の「必殺」が楽しみです。

いよいよ「必殺仕事人2016」は、今晩午後9時から(11:10まで)テレビ朝日系で放送の予定です。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。