宮部みゆきの大ヒット作「模倣犯」が中谷美紀主演で、2夜連続で放送されます。長編ミステリー小説が原作とあって、登場人物も多く、複雑な人間関係など、分かり易く相関関係とキャストを一覧にまとめました。

模倣犯
ドラマ公式サイト

 

中谷美紀主演模倣犯 分かり易い相関関係のまとめ一覧

主人公前畑滋子と家族

前畑滋子(中谷美紀)    フリーランスのルポライター。事件の謎を追う。
前畑昭二(杉本哲太)    前畑慈子の亭主。
前畑ちよ (丘みつ子)     前畑昭二の母。

↪板垣雅子(高畑淳子)     前畑慈子とは旧知の仲。雑誌「サブリナ」編集長。
↪塚田真一(濱田龍臣)     一家惨殺事件の生き残りの少年。慈子の世話になる。
↪樋口めぐみ(久保田紗友)   塚田事件の犯人の娘。

犯人グループ同級生

網川浩一ピース(坂口健太郎)   心に闇を抱えて成長してしまった青年。
栗橋浩美(山本裕典)     浩一、和明の同級生。高井和明とは幼馴染。
↪岸田明美(石田ニコル)    栗橋浩美の恋人だったが死亡。
高井和明(満島真之介)       蕎麦屋「増田屋」の長男。浩一と浩美の同級生。
↪高井和明の家族
高井由美子(清水富美加)    増田屋の娘で和明の妹。栗橋浩美を嫌っている。
高井伸勝(松村利史)      和明、由美子の父で増田屋の主人。
高井文子(藤田朋子)      和明、由美子の母で増田屋の女将。

犠牲者古川鞠子の家族

古川鞠子(松本穂香)      有馬義男の孫で元銀行員。すでに死亡。
古川茂(吉見一豊)       古川鞠子の父で、有馬義男の義理の息子。
古川真智子(室井滋)      古川鞠子の母で有馬義男の実娘。
有馬義男(橋爪功)       古川真智子の父で鞠子の祖父。
↪木田隆夫(吉田鋼太郎)     有馬義男の幼馴染で熱血漢。

警察関係者

武上悦郎(岸部一徳)      警視庁捜査一課の叩き上げ刑事。
神崎警部(益岡徹)       武上悦郎の直属の上司。
秋津信吾(眞島秀和)      警視庁捜査一課の武上悦郎の部下。
篠崎誠司(長田成哉)      警視庁捜査一課の武上悦郎の部下。
田中管理官(国広富之)       捜査本部管理官。
竹本捜査一課長(日野陽仁)       武上悦郎の上司。

 

HBS放送局関係

増岡匡史(渡辺いっけい)    HBS放送のプロデューサー。
浅川智也(山中崇)       HBS放送のディレクター。

被害者の会弁護士

浅井祐子(真飛聖)       連続事件の被害者の会の弁護士。

犠牲者

日高千秋(小松美月)        反抗期の女子高生。公園で死体で発見される。
日高道子(有森也実)        千秋の母で公園で娘を発見。

木村夫妻

木村庄司(飯田基祐)
木村えり(藤吉久美子)

坂崎弘光(温水洋一)

 

模倣犯のあらすじ

前編
東京・台東区の公園で女性の右腕と鞄が発見された。鞄は3カ月前から行方不明の20歳の会社員・古川鞠子(松本穂香)のものと判明。祖父・有馬義男(橋爪功)と母・古川真智子(室井滋)が警察の事情聴取を受けていると、TV局から通報が。犯人らしき人物が人工音声の電話で「腕は鞠子のものではない。彼女は別の場所に埋めてある」と告げたというのだ。
茫然自失の真智子は車道にさまよい出てトラックにはねられてしまった。 そのニュースを見ていたルポライターの前畑滋子(中谷美紀)は「鞠子」の名を聞き中断していた失踪女性のルポで取り上げていた人物だと気が付き、滋子は雑誌『サブリナ』編集長の板垣雅子(高畑淳子)を訪ね、失踪者のルポを書かせてほしいと頼み込んだ。
熱意に動かされた板垣から、重要情報が明かされた。右腕の第一発見者は塚田真一(濱田龍臣)という17歳の少年で、1年前に起きた一家強盗殺人事件の唯一の生存者だというのだ。少年を新たな悲劇の発見者とする切り口で書く条件で、滋子は連載を担当することに。
真一もまた、家族が殺された事件と向き合い前に進むために、滋子の取材の助手をしたいと申し出た。
一方、有馬義男は人工音声の電話を受けホテルに呼び出されてフロントに行くと、手紙が預けられていた。預けたのは女子高生だったという。手紙の指示通りに動いたが情報は得られず、義男は憔悴しきって古川家に戻った。玄関には鞠子の腕時計が入った紙袋が…。
添えられていた紙には「これで俺が本物だと分かったか」の文字。義男は低く悲鳴を上げる。
そして同じ日の真夜中、ホテルに手紙を届けた女子高生が死体で発見された。
相次ぐ殺人事件に警察やマスコミが翻弄されるなか、再びTV局に人工音声の電話が。
人工音声は「古川鞠子は骨になった。引越センターの駐車場に置いた」と告げる。
無情にもそれは鞠子の骨だと確認される。だが、犯行はなおも続く。滋子の挑発により、今度は男性を拉致したという。警視庁捜査一課刑事・武上悦郎(岸部一徳)らは懸命の捜査を続けた。そこに、群馬の山中で車の転落事故発生の一報が入る。車中には、運転していた栗橋浩美(山本裕典)と高井和明(満島真之介)の遺体があった。更にトランクからは後ろ手に拘束された死体が発見される。それは犯人が拉致を表明していた男性だった。しかも浩美の部屋からは右腕のない女性の遺体や、犠牲者と思われる多数の女性の写真が見つかった。警察は、浩美と和明の2人を一連の誘拐殺人事件の犯人と断定した。

模倣犯
ドラマ公式サイト

後編
多数の犠牲者を出した連続誘拐殺人事件は、犯人2人の交通事故死という形で幕を閉じたかにみえた。ルポライター・前畑滋子(中谷美紀)は事件を扱った連載が好評ですっかり売れっ子になっていた。だが取材を進めるうち、主犯の栗橋浩美(山本裕典)はともかく共犯とされる高井和明(満島真之介)には、残忍な愉快犯とは程遠い印象を持つようになった。
そんな中、主犯は生きており、「真犯人は第3の人物・X」と主張する著書を引っ提げて、網川浩一(坂口健太郎)という青年が華々しくマスコミに登場。事故死した2人と同級生だったという網川は、瞬く間に世論を味方につけていった。一方、疑問を抱きながらも、警察発表通り死亡した2人が犯人とする説を取る滋子は、しだいに不利な状況に追い込まれていった。
真実はどこにあるのか?滋子と網川の熾烈な闘いが始まる…。

引用元:公式ページ
http://www.tv-tokyo.co.jp/mohouhan/story/index.html

 

 

模倣犯後半の見所 中谷美紀vs坂口健太郎

世間を騒がせた連続誘拐殺人事件は、犯人二人の交通事故死で終焉を迎えたはずでした。そして、事件を追っていたライターの前畑慈子(中谷美紀)は、記事にした連載が好評で時の人となっていました。

しかし、取材を進める前畑は共犯とされる高井和明に関しては、どうしても犯人とするには納得できない印象を持っていたのです。

そこに現れたのが、「真犯人は生きている」とする綱川浩一(坂口健太郎)がマスコミに登場するのです。警察発表の犯人事故死に疑問を持ちながらも、新説を唱える綱川浩一と対峙する前畑滋子の攻防戦が後半の見所となるのは言う間でもありませんね。

可愛い清水富美加ちゃんが坂口健太郎に襲われてしまうかも知れませんよ。絶対に見逃せませんね。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。