砂の塔~知りすぎた隣人に、松嶋菜々子がヒールのキャスト佐々木弓子で登場します。佐々木弓子の二面性を演じる松嶋菜々子に、今から期待に胸がわくわくします。主演でヒロイン役の菅野美穂VS松嶋菜々子というキャスティングは、W主演といってもよく、この二大女優対決が話題となることは間違いないでしょう。

砂の塔
ドラマ公式サイト

 

砂の塔キャスト 松嶋菜々子が演じる二つの顔を持つ佐々木弓子とは?

< 砂の塔キャスト 横山めぐみが阿相寛子役でタワマンのボスママに >

砂の塔~知りすぎた隣人で、松嶋菜々子が演じるキャスト佐々木弓子は、「裏のヒロイン」ともいううべき存在になるようです。二つの顔を持つ佐々木弓子松嶋菜々子が演じるというのですから、今からワクワクドキドキですね。

ヒロイン高野亜紀(菅野美穂)の住む上階で、フラワーアレンジの教室を開いているという佐々木弓子は、42歳で、このタワマンに越してきて一か月と高野亜紀にとっては、親近感を覚える存在でした。

佐々木弓子は、誰がどこからみても、「容姿端麗」、「頭脳明晰」、「非の打ちどころがない」完璧な女性と映り、高野亜紀もすぐに親しくなりました。

そんな信頼を寄せる佐々木弓子ですが、高野亜紀は弓子がまったく違う別の顔を持つことは知る由もありませんでした。

佐々木弓子の「裏の顔」は、冷酷で怖い顔を持つ、二重人格的人物だったようです。虚栄心や嫉妬、妬みという女性の見栄を突いた嘘や虚言で、主婦グループを翻弄し、高野亜紀を裏から追い詰めていくようです。

そこに隠された動機は不明ですが、松嶋菜々子が演じる二面性を持つ佐々木弓子の演技が最大の見所となるでしょうね。

 

砂の塔キャスト 悪女佐々木弓子のキャストを演じる松嶋菜々子とは?

< 砂の塔キャスト 津田寛治が阿相武文役でボスママの亭主に >

砂の塔で、二つの顔を持つ佐々木弓子キャストを演じる松嶋菜々子といえば、「家政婦のミタ」で演じた家政婦役でお馴染みですね。なにしろ、最高視聴率の40%というのは、ドラマ史上3位という記録ですから、知らない人はいないでしょう。

そして、松嶋菜々子といえば、「GTO」で共演した反町隆史がご主人ということでも知らない人は少ないでしょう。

18歳で、旭化成の水着キャンペーンガールとなり、雑誌「ViVi」のモデルを経て、その年のドラマ「社長になった若大将」で女優としてデビューを果たしました。

それ以来、ずっと第一線で活躍してきた松嶋菜々子ですが、42歳となった今でもその美貌に衰えは見えません。本当にきれいですよね。

1990年代、NHK連続テレビ小説「ひまわり」は松嶋菜々子の出世作ともいわれ、主人公の南田のぞみ役で、大ブレイクしました。そして、映画「リング」で初主演、「Sweet Season」で、連続ドラマ初主演、「GTO」で、反町隆史との共演など、飛ぶ鳥を落とす勢いでしたね。

2000年代に入っても、「百年物語」や「やまとなでしこ」などヒットを飛ばし、2002年にはNHK大河「利家とまつ~加賀百万石物語」で、織田信長を演じた旦那の反町隆史との共演も話題となりました。

出産を間に挟み、「救命病棟24時」で女優業に復帰すると、「火垂るの墓」などでは、残忍な役どころを演じ、役者の幅を広げたようです。

そして、続く2010年代に入っても、11年の「家政婦のミタ」の大成功は前述した通りです。直近では、前クールに放送された「営業部長 吉良奈津子」の主役を演じましたが、平均視聴率は7.02%と、奮いませんでした。今回の砂の塔~知りすぎた隣人では、ほとんどW主演とよんでもよく、ヒロインの菅野美穂と対峙する松嶋菜々子の役柄と演技に大きな注目が集まることでしょう。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。