榮太樓飴の御曹司・細田善彦が神の舌を持つ男7・8話にゲスト出演し、バカップルの大場陸を好演!かつては、北川景子と同じ所属事務所で、「細田よしひこ」で活動していた細田善彦は、現在、所属事務所をアルファエージェンシーに移し、映画、ドラマに活躍中です。

神の舌を持つ男
ドラマ公式サイト

 

神の舌を持つ男7・8話 細田善彦がキャストを演じる大場陸とは?

< 神の舌7話視聴率心配ご無用!これ以下無し!リオ五輪も影響無し >

若手俳優で、実家が栄太郎飴でお馴染みの榮太樓總本鋪の細田善彦大場陸の役で、「神の舌を持つ男」7・8話にゲスト出演し評判です。

細田善彦は、カップルの相方となる今泉彩良とバカップルとなる大場陸のキャストで、恋人の尾木亜香里(今泉彩良)と一緒に、草津温泉観光バスツアーに参加しますが、ツアーの最中に起こった連続事件の容疑者として疑われてしまいます。

最初の犠牲者は金級運輸の社長夫人、金級(かねしな)真琴(上野なつひ)。朝永蘭丸たちを乗せて、走り出した途端に、具合が悪くなり観光バスの中で息を引き取ってしまうのです。

地元の刑事樋口(篠井英介)がやってきて、捜査となる中、乗客全員が容疑者となってしまいます。

細田善彦 今泉彩良
ドラマ公式サイト

 

樋口刑事は、検死が終わり死因が特定されるまでは、所轄区から出ないよう乗客全員に要請し、観光バスは、管轄区内の観光に出かけます。(笑)

ところが、7話の後半、一人で参加していたフリーライターの見城ゆたか(和田聰宏)に疑惑の目が向けられましたが、その見城ゆたかも途中の観光で下車した折り、死体となって発見されたのです。

現場に残された血から、ダイングメッセージだの、何たらかんたらと探偵気取りの甕棺墓光(木村文乃)やバスガイドの沢村さくら(片瀬那奈)などから、疑惑の目が大場陸に注がれそうです。

細田善彦は、中々ハンサムで、イケメンの男・大場陸のキャストが似合い、バカップルの彼女、尾木亜香里といちゃつく演技も好評です。

 

神の舌を持つ男ゲストキャスト 細田善彦は北川景子と同じ所属事務所?

< 強烈!神の舌7話視聴率が倍増のV字回復達成!夏ドラマの珍事? >

細田善彦は、2004年のデビュー当初は「細田よしひこ」の名義で、女優の北川景子と同じスターダストプロモーションが所属事務所でした。

そして、今から3年くらい前に、所属事務所をそれまでのスターダストからアルファエージェンシーに代え、名前を細田善彦に変えました。

細田が所属事務所を変更する前、同じスターダストの北川景子と「LADY?最後の犯罪プロファイル」(2011年)で共演が元で、浮いた噂になったことがあります。まあ、「ガセ」であったことは、その後、今年に入り1月に、北川景子とDAIGOの結婚で証明された形となりました。

北川景子は、結婚後、初となる連続ドラマ「家売るオンナ」の主人公・三軒家万智が大人気で、決め台詞の「GO!」が大きな話題を呼んでいます。

スターダストからの細田善彦のデビューは、NTTのCMで、「キャラクターDENPO」でした。そして、高い評価を得たのが、フジテレビの連続ドラマ「ライフ」で、悪党の佐古克己を演じて、評判となりました。

その後も「エジソンの母」、「SCANDAL」、(TBS)、「Q10」(日本テレビ)など、人気番組に出演しています。

大場陸役 細田善彦
ドラマ公式サイト

 

スターダストからアルファに所属事務所を移った後も、「ペテロの葬列」(TBS)や「ウルトラマンX」(テレビ東京)などの連続ドラマや、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」などでキャストに起用されています。

直近では、今年の大河ドラマ「真田丸」で、北条氏直を演じたのは、まだ記憶に新しいですね。

細田善彦は、ドラマの他にも映画やラジオ出演など多いですが、「平成教育委員会」、「関口宏の東京フレンドパーク」、「大改造!!劇的ビフォーアフターSEASONII」、「タモリ倶楽部」など、各局の人気バラエティでも引っ張りだこです。

2004年のデビューから12年、大場陸を演じる細田善彦は、現在28歳ですので、これからが楽しみは俳優となるでしょう。

 

 神の舌を持つ男 あらすじと見所 

神の舌を持つ男8話あらすじと見所 みやびが関与か第2の事件?

神の舌を持つ男7話あらすじと見所 草津温泉の観光バスが舞台に

神の舌を持つ男6話あらすじと見所 大山温泉事件は共同浴場で

神の舌を持つ男5話あらすじネタバレと見所 毛鞠唄は祟り歌か?

神の舌を持つ男4話あらすじと見所 堤ワールドから横溝劇場へ

神の舌を持つ男3話あらすじと見所 伊豆熱海温泉郷が舞台なのだ

神の舌を持つ男2話あらすじと見所 必見!向井理の舌出しベロンチョ

神の舌を持つ男1話あらすじと見所 湯西川温泉でミヤビとすれ違い

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。