家売るオンナ6話で、田中美奈子が宮沢和之(東根寿英)の本妻、昌代キャストでゲスト出演します。田中美奈子と愛人役の小野ゆり子と直接対決、ガチンコ勝負が見られるでしょうか?世の中、不倫で溢れていますから、大変な騒動になるのではないでしょうか。

家売るオンナ
ドラマ公式サイト

 

家売るオンナ6話で田中美奈子がキャストを演じる宮沢昌代とは?

< 家売るオンナキャスト一覧 テーコー不動産新宿営業所の社員たち >

家売るオンナ6話で、田中美奈子キャストとなる宮沢昌代は、和菓子を経営する宮沢和之(東根寿英)の奥さんです。

マイホームもあり、老舗の和菓子屋の商売も堅調で、申し分のない生活をしているはずの宮沢昌代でした。ところが、信用していた旦那の和之が愛人を囲っていたのです。

田中美奈子は、この愛人と浮気の旦那に猛烈に怒りを表す正妻の昌代を演じるわけですが、この辺が、家売るオンナ6話の最大の見どころとなりそうですね。

田中美奈子 千葉雄大
ドラマ公式サイト

 

旦那の和之が、愛人の礼央奈にマンション購入を考えていることを知り、テーコー不動産に乗り込んでくる昌代の怒りは如何ほどでしょうね。

宮沢和之を担当する足立聡(千葉雄大)の昌代に対する対応も見ものですが、そこへ「家売るオンナ」三軒家万智が割って入るようですので、落しどころが注目されます。(笑)

家売るオンナ6話で宮沢昌代のキャストを演じる田中美奈子とは?

< 家売るオンナ足立聡(千葉雄大)の白洲美加のさばき方が愉快! >

家売るオンナ6話で宮沢和之の妻、昌代キャストを演じる田中美奈子は、18歳の高校時代、「ミスマガジン」で準グランプリに輝きました。

その後は、翌年、「モモコクラブ」などテレビで活躍し、22歳の時、所属していた事務所の社長夫人だった安西マリアのカバー曲「涙の太陽」が大ヒットしました。当時からミニスカートと美脚でファンを魅了し、「学園祭のアイドル」としても有名になりました。

宮沢昌代役 田中美奈子
ドラマ公式サイト

 

田中美奈子は、山本リンダや島田歌穂の協力もあり、動物愛護団体のエルフ(elf)を立ち上げています。この団体は、後に「Ever Lasting Friedns」という名前で、正式にNPO法人の資格を取っています。

そして、その後、35歳の時、田中美奈子は、創価大学文学部に入学するのですが、すでに女子部と地区のリーダーとなっています。この裏には、昔から有名な学会員の山本リンダの働き掛けがあったことは想像に難くありません。(かつて、管理人が成城学園前の焼き鳥レストランで勤務していた時、山本リンダは常連客で、学会員の話は有名でした。)

その後、田中美奈子は40歳で俳優の岡田太郎と結婚しています。同じ町内で長年知人だったことが、縁のようです。

現在、48歳となった田中美奈子が、愛人を許さない本妻の宮沢昌代キャストをどのように演じるのか、愛人を演じる小野ゆり子との対決シーンが見せ場を作ってくれるでしょう。家売るオンナ6話の「女の意地」対決、三軒家万智も巻き込んで、大騒動となりそうですね。

 

???? 家売るオンナ あらすじネタバレと見所 ????

家売るオンナ6話ネタバレあらすじと見所 事故物件と愛人騒動

家売るオンナ5話ネタバレあらすじと見所 女単二人に板挟み!

家売るオンナ4話あらすじネタバレと見所 人は見掛によらぬもの

家売るオンナ3話あらすじネタバレと見所 真逆カップルの復縁

家売るオンナ2話あらすじネタバレと見所 引きこもり中年息子

家売るオンナ1話あらすじネタバレと見所 北川景子がヒロインに

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。