グラメ4話の放送は、高校野球の熱闘甲子園の枠の後となり、11時55分からの放送となりました。視聴率には、どのように影響したでしょう。週末、金曜日の放送ですから、夜更かししてテレビの前で寛いだファンも多かったでしょうか。それとも、お疲れでお休みしてしまったでしょうか。

グ・ラ・メ!総理の料理番
ドラマ公式サイト

 

グラメ!視聴率快調も3話から陰りが 4話で回復なるか?

< グラメ主題歌歌詞!カラーバリエーションbyケツメイシがイケる! >

グラメ!総理の料理番、ヒロイン一木くるみ役の剛力彩芽が新鮮な演技を見せ、脇役のキャストも小日向文世や、滝藤賢一、三宅弘城など豪華な俳優たちが固めています。

視聴率は、深夜放送枠では異例の7.2%の好スタートを切り、2話でも6.7%と高視聴率をキープしました。

どころが、グラメ!3話では、視聴率4.1%と急降下してしまい、今回の4話視聴率が注目されます。熱闘甲子園の放送により、グラメ!の時間は30分程度遅れて開始されましたが、この影響が吉と出るのか凶と出るのか、グラメ!4話視聴率の発表が気になります。

剛力彩芽 大和田伸也
ドラマ公式サイト

 

グラメ!総理の料理番4話の視聴率

グラメ!総理の料理番4話視聴率は、4.3%となり、前週の4.1%から、若干ですがアップしました。深夜の放送枠でのアップですから、大健闘ですね。

 

グラメ!4話視聴率 放送時間変更による影響とは?

< 三宅弘城はグラメダンスも上手い!剛力彩芽のサポート役もグッド >

グラメ4話の放送開始が約30分程度遅れて、深夜開始となりました。果たして、この遅延がどの程度視聴率に影響したのか、気になりますね。

テレビの場合、放送時間の変更とは、前倒して予定より早くなることは、まずありません。ほとんどの場合は遅延となる分けですが、緊急番組(報道など)で遅延になる場合と、特別番組が入る場合があります。

特番では、今回のようにスポーツのイベントによる時間変更が多いですね。今は夏の甲子園、高校野球の大会が開催されていますので、季節のイベントとも言えますね。熱闘甲子園は、そのダイジェスト版です。

他にも、この夏は四年に一度のオリンピック、今回はリオ五輪が開催中ですから、このようにスポーツイベントの放送枠次第で、レギュラー番組の時間変更が起こる分けです。

そして、意外と知られていないのは、この特番によって、レギュラー番組の視聴率にも影響する、ということでしょう。

人気があるスポーツや、日本が国際大会主催で大金星を挙げるような試合で盛り上がると、その放送局の後番組まで視聴者が釣られる場合などもあります。

剛力彩芽 三宅弘城
ドラマ公式サイト

 

グラメ4話の今回の放送時間変更について、二つの要素で考えてみましょう。一つは甲子園の高校野球ダイジェスト「熱闘甲子園」。そして、もう一つが放送時間変更で、11時15分放送予定がさらに遅くなり11時55分になったこと。

熱闘甲子園を観た視聴者が、続けてグラメ!を観劇したとすれば、視聴率に寄与したことになりますね。翌日が土曜日ということもあり、休みの視聴者は多少、夜更かししても大丈夫です。

しかし、その逆の場合もあります。レギュラー視聴者で、11時15分スタートが「遅いなあ」と思っている視聴者にとっては、この30分ディレイ(遅延)は大きいですよね。眠くなって寝てしまう場合もあるでしょう。或いは、ライブ視聴せずに録画のスイッチを押して、お休みしてしまう可能性もあります。

もちろん、視聴率に影響するのは、この二つの要因ばかりではありませんが、グラメ4話視聴率を見れば、今クールの「真の実力」も見えてくるのではないでしょうか。

 

グラメ!総理の料理番 視聴率一覧

グラメ!総理の料理番視聴率3話と感想 動じない総理とくるみ

グラメ!総理の料理番視聴率2話と感想 緊迫するダイニングシーン

グラメ!総理の料理番視聴率1話と感想 深夜番組には勿体ない!

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。