Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/myinfo2/newssocialgame.com/public_html/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524


スポンサードリンク


家売るオンナで、テーコー不動産の営業マン、庭野聖司のキャストを演じている工藤阿須加の演技が、中々の評判です。辣腕営業ウーマン、チーフ三軒家万智(北川景子)に顧客を奪われ続けていますが、果たして庭野聖司は家を売ることができるのでしょうか?

家売るオンナ
ドラマ公式サイト

 

庭野聖司の営業スタイルで家は売れるのか?

< 家売るオンナ北川景子の扮する三軒家万智役の演技と役作りに称賛 >

工藤阿須加の演じる庭野聖司は、テーコー不動産の新宿営業所に勤める営業マンです。売買仲介課の中で、売り上げ無しの苦戦を強いられている庭野は、チーフ三軒家万智に「あなたに家は売れない」との烙印を貼られ、自分の顧客とのアポにチーフが付いてきてしまいます。

上司ですから、断ることもできずにチーフの随行でクライアントと面談する庭野聖司ですが、これまでのとろこ毎回、お客を奪われています。

家売るオンナ1話では、中々決めることができない老夫婦に、別のお客の即決をチラつかせて、売りさばき、医者夫婦には、勤務する病院近くのマンションの購入を決めさせてしまいます。

庭野聖司は、真面目な青年で、クライアントの希望や要望を真摯に聞く耳を持っており、一生懸命、忠実にそれに合う物件を探してきます。

しかし、不運なことに「家」という高価な買い物は、中々クライアントの決断を引き出すことができず、売り上げの実績が付いてきません。

果たして、今のままの営業スタイルで、庭野聖司は家を売ることができるのでしょうか?

 

庭野聖司は三軒家万智から営業のコツを盗むことができるのか?

< 家売るオンナキャスト千葉雄大が足立聡役で営業課の若手エースに >

三軒家万智は「他人はお構い無し」がスタイルですから、若手の庭野聖司に営業の手ほどきをしようなどとこれっぽっちも思っていないでしょう。

そこで、庭野聖司に必要なものは、三軒家万智の営業テクニックを学ぶことです。昔風に言うならば、その技術を自分で盗む、ということです。

三軒家万智の営業スタイルとは、不動産取引に関わる裏事情の情報を仕入れ、問題の根底にあるものを探り出し、その問題を解決する方法を提示するやり方です。

北川景子 工藤阿須加
ドラマ公式サイト

 

管理人も多少ですが、不動産の取引に関わったことがありますが、物件一つ取っても、物凄くいろんな事情が絡み合っています。

事と次第によっては、町内から町の有力者、バッジまで絡んでしまうことさえあるのが、不動産取引です。今回の「家売るオンナ」では、権力者はこれまでの処、登場しておりませんが、今後の展開次第では権力者の登場もあり得るでしょう。

これまでのところ、クライアントの問題は、「子育ての環境」であったり、「引きこもり」の息子だったりですが、いずれにしても、住居探しの裏にあるテーマの解決が住宅売買の決め手となりました。

工藤阿須加が演じる庭野聖司は、この辺のテクニックと要領を掴まないと、最後まで家を売ることはできないでしょう。(笑)

このままだと、北川景子が扮する三軒家万智の独断場は、まだまだ続きますね。(笑)

 

???? 家売るオンナ あらすじネタバレと見所 ????

家売るオンナ3話あらすじネタバレと見所 真逆カップルの復縁

家売るオンナ2話あらすじネタバレと見所 引きこもり中年息子

家売るオンナ1話あらすじネタバレと見所 北川景子がヒロインに

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。