堀井新太は新進気鋭の23歳。「下町ロケット」ガウディ計画にレギュラーが決まり、鈴木健児役の堀井新太に大きな期待がもたれています。堀井新太はニューヒーローとなって人気を獲得できるでしょうか。

下町ロケット
ドラマ公式サイト

 

堀井新太の役どころ

少し無理があるかなと思える鈴木健児のバックグランドです。それは、元ヤンキー、つまり不良だったということですが、技術の専門学校をとりあえず卒業しているという触れ込みなのです。どうも、管理人の悪い癖で、細かいところに気がいってしまうのが玉に瑕なのです。元不良な少年が真面目に技術の専門学校を卒業したというところがどうもピンとこないのです。(笑)そこで、管理人はこの「元ヤンキー」だけは無視することにしました。

堀井新太が演じる若手技術者は専門学校上がりで、佃製作所のニューホープなのです。かなりのイケメンですから、「元ヤンキー」を忘れて方がイメージにはあってます。

鈴木健児役 堀井新太
ドラマ公式サイト

 

さて、途中入社の有能な中里淳は、敵対企業のサヤマ製作所の椎名直之によってヘッドハンティングされ、退職してしまいました。

福井にある桜田社長とサクラダの訪問から戻った佃航平社長は、人工弁開発プロジェクト「ガウディ」に若手エンジニアの起用を決定します。そのリーダーに選ばれたのが、こちらもイケメンの立花洋介。演じるのは竹内涼真です。これだけ、かっこいい若者俳優が出演する下町ロケットですから、女性ファンにとってはたまらないでしょうね。(笑)

加納アキ役 朝倉あき
ドラマ公式サイト

 

しかし、男性ファンも気落ちしないでください。何故なら、この立花を補佐する担当が、美人できれいな加納アキなのです。キャストに抜擢されたのは朝倉あきちゃん。一応、触れ込みでは「紅一点」となっています。(笑い)

そして、このガウディ計画に加わるよう指示を受けたのが、鈴木健児なのです。ニューヒーローが誕生するのか番組から目が離せません。

 

堀井新太とは?

堀井新太は渡辺プロ(今はワタナベエンターテインメントというのでしょうか、管理人は少々古いもんで、ごめんあそばせ)、の新進気鋭の23歳の若手俳優です。

ここでは詳しいプロフィールには立ち入りませんが、4年前にテレビでデビューし、今年はNHKドラマ「マッサン」や「花燃ゆ」にも出演して、ナベプロの「売り出し中」の俳優さんです。周囲の期待の大きさが分かるでしょう。

第7話では、プロジェクトに手古摺る若手エンジニアの3人の苦悩が見せ場の一つとなるでしょう。

下町ロケットの展開次第では、堀井新太が「ニューヒーロー」になるチャンスは十分にあるでしょう。
最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。