日本テレビ「家売るオンナ」で工藤阿須加が、北川景子扮する三軒家万智の朋輩の「ダメ営業マン」庭野聖司キャストに抜擢されました。三軒家万智は美人ですが、あらゆるセールストークの引出しをもっており、次から次へと庭野聖司の客を分捕ってしまいます。工藤阿須加の演じる「ダメ営業マン」が見応えありそうです。(笑)

家売るオンナ
ドラマ公式サイト

 

家売るオンナで工藤阿須加のキャストは三軒家万智の朋輩、ダメ営業マンの庭野聖司役

家売るオンナ工藤阿須加キャストとなった庭野聖司は、テーコー不動産新宿営業所の営業マンです。25歳の庭野聖司は、まだ営業のテクニックを掴めておらず、「新宿営業所」のお荷物的存在で、売上はさっぱりです。営業課長の屋代大(仲村トオル)が頭を抱える一人です。

そんな庭野聖司にとって、救われるのは年上の白洲美加の存在です。28歳になる3歳年上の白洲美加も未だ売上はゼロ。ダメ営業マンの庭野聖司にとって、白洲美加の存在は助けにはなりませんが、自分ひとりで無いことが唯一の救いなのです。

北川景子 工藤阿須加
ドラマ公式サイト

 

しかし、異動でやってきた三軒家万智(北川景子)の強引な営業活動に翻弄される庭野聖司です。自分の顧客手こずっている庭野聖司に無理やり同行してきて、あっという間に契約を成立させてしまう、カリスマ的営業の真髄を三軒家万智から見せてもらうことになります。

工藤阿須加の役柄は、「ダメ営業マン」ということなので、コミカルな演技が期待できる庭野聖司役となるはずです。若手俳優、工藤阿須加の役作りに注目してみたいと思います。

 

家売るオンナでダメ営業マン、庭野聖司のキャストに抜擢された工藤阿須加とは?

工藤阿須加と聞いて誰か分かる人は、かなりの芸能通でしょうね。工藤阿須加の父親は、何と現ソフトバンクホークスの監督、工藤公康なのです。と、くれば女子プロゴルファーの工藤遥加は1歳年下の阿須加の実妹です。

すっごい有名人の家族だったのです。(笑)工藤阿須加は、瑛太や、黒木華永山絢斗濱田マリなどが所属するパパドゥに在籍しています。

工藤阿須加のデビューは、21歳の時、日本テレビの山田涼介主演「理想の息子」でした。そして、翌年の2013年には、すでにNHK大河ドラマ「八重の桜」で主人公新島八重の弟、山本三郎役に抜擢され、続けて連続ドラマ「ショムニ2013」にも出演と、一気に芸能界の階段を上っていきました。

翌年、2014年には、TBS日曜劇場ルーズヴェルト・ゲーム」では、なんと社会人野球の投手、沖原和也のキャストに抜擢され、父親と同じ投手の役で話題を浚いました。

庭野聖司役 工藤阿須加
ドラマ公式サイト

 

発表では、この沖原和也のキャストはオーディションで選ばれたことになっていますが、「七光り」があったとする説もあります。管理人的には、オーディションの形をとった出来レースの匂いは感じております。まあ、別にどの世界でも「コネ」はあることなので、それ自体は驚くほどのことではないでしょう。

第一、デビュー作が読売巨人と縁が深い日本テレビですからね。工藤阿須加は、その後も日本テレビの「偽装の夫婦」にも出演しています。

甘いマスクで、まだ25歳の工藤阿須加ですから、芸能界デビューは兎も角、実績を積むのはこれからです。当然伸びしろはまだまだあるでしょうから、人気が沸騰するのはこれからだと思います。

今回の庭野聖司キャストが大化けすれば、工藤阿須加の大ブレイクも可能なのではないでしょうか。工藤阿須加の演技に注目です。

 

???? 家売るオンナのキャスト ????

家売るオンナキャスト臼田あさ美が珠城こころ役でバーのママを!

家売るオンナキャスト新木優子が室田まどか役でゴシップ専門社員を

家売るオンナキャスト本多力が宅間剛太役で柔和で優しい営業マンに

家売るオンナキャスト鈴木裕樹が八戸大輔役で営業カメレオンに!

家売るオンナキャスト梶原善が布施誠役で呑気な営業オヤジ役に!

家売るオンナキャスト イモトアヤコが白洲美加役で営業ウーマンに

家売るオンナキャスト千葉雄大が足立聡役で営業課の若手エースに

家売るオンナキャスト仲村トオルが屋代大役で三軒家万智の上司を

家売るオンナ 北川景子が三軒家万智役で!売れない家はない!

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。