グッドパートナー 無敵の弁護士最終回視聴率グッジョブフィニッシュとなったでしょうか?グッドパートナー最終回視聴率感想と共に、振り返ってみたいと思います。ドラマ「グッドパートナー無敵の弁護士」の最終回は、「スッバラシイイヨー」(グエン調)と最高に素敵なエンディングで終了しました。脚本の福田靖が新しいジャンルを切り開いた「法務&ホーム」ドラマは正にグッジョブでした。

グッドパートナー 無敵の弁護士
ドラマ公式サイト

 

グッドパートナー 無敵の弁護士最終回の視聴率とこれまでの推移

< 山崎育三郎と伊藤修子の共演が再現!グッドパートナーで! >

グッドパートナー 無敵の弁護士視聴率は、一桁台の時もありましたが、9%台を維持し、平均では9話まで、10.75%と、低調なドラマの視聴率の昨今の中で、しっかりとした数字を残してきました。

グッドパートナー 弁護士最終回視聴率は有終の美を飾る二桁フィニッシュで決まりでしょう。本当に竹野内豊は、イケメンのかっこいい弁護士でした。(笑)

第1話  4月21日   12.9%
第2話  4月28日    9.9%
第3話  5月 5日   10.5%
第4話  5月12日   11.1%
第5話  5月19日    9.1%
第6話  5月26日          9.3%
第7話  6月 2日       11.7%
第8話  6月 9日     11.5%
最終回  6月16日   10.3%

グッドパートナー 無敵の弁護士の最終回は、なんとか二桁をキープできましたね。しかし、視聴率では分からないほど、内容の濃いドラマ「グッドパートナー 無敵の弁護士」でした。ぜひ、続編が作られることを望みます。

 

グッドパートナー 無敵の弁護士最終回の感想1 クライアントの依頼が鏡となった協議離婚案

< グッドパートナーで坂井裕美(事務員の久米役)のカップ、身長、事務所 >

グッドパートナー 無敵の弁護士最終回感想の最大のポイントは、「訴訟社会」は人を必ずしも幸せにしないという点です。

その点で、主人公の咲坂健人の仕事ぶりが常にヒューマニスティックな解決を目指す、人間として、心ある弁護士だという点です。

意地になって張り合う夏目佳恵の態度は、社会的弱者の女性の立場を弁明しているようでもありますが、その一方で、協調が置き去りにされてきたきらいもありましたね。

ナギダイニングの名木夫妻の離婚問題を抱えたことから、健人と佳恵が関わることになりますが、佳恵がビーナス法律事務所に移籍することによって、名木夫妻を通して自分たちを見つめる鏡となってくれました。

名木登志夫夫妻
ドラマ公式サイト

 

亭主の名木登志夫の気持ちを代弁できる咲坂健人は妻の裕子との復縁を模索して、解決案としましたね。その一方で、妻の裕子(戸田菜穂)は騙されかかっていた高部明良プロダクション社長から夏目佳恵が守ったのでした。

男女共に尊重できる社会は、古来日本文化に自然に存在していた価値観だという感想を強く抱いたグッドパートナー 無敵の弁護士最終回でした。

 

グッドパートナー 無敵の弁護士最終回の感想2 絶対にある男女の棲み分け分担

< 小松彩夏に結婚詐欺師疑惑?猫田弁護士が大田蘭子に騙されるのか >

グッドパートナー 無敵の弁護士で、神宮寺一彦代表が説く「ベストフレンド=ベストパートナー」の意図は、咲坂健人と夏目佳恵という二人の男女弁護士の合体を指していたのではないかという感想を持っています。

考えてみれば、国際化という名の元に、どんどん世界が米国化していく中で、日本文化が誇ってきた美徳がどんどんと失われていく時代です。

元々、日本文化には「訴訟社会」は馴染みではありません。このグッドパートナー 無敵の弁護士の最高に素晴しい魅力は、単なる「訴訟ドラマ」とせずに、むしろ争いにならないよう解決策を模索するドラマとしたことです。

神宮寺一彦役 國村準
ドラマ公式サイト

 

男が社会的動物であることは自明の理です。そこへ女性が進出することは全然問題ではありません。女性の問題は女性同士の方がアプローチしやすいケースも多々考えられます。しかし、そこにはやはり男女協調が無くてはならないものでしょう。

分かりやすい例に例えれば、男女の分担というものは議論の余地無く存在しているものであり、男が外壁、女が内壁と考えると自然と男女の違いが明確になるのではないでしょうか。

昨今、男が弱くなった時代と比喩されることがありますが、それは男が社会的に弱くなっているからなのではないでしょうか。一方で、社会的弱者とされる女性ですが、内面的には男をはるかに凌ぐ精神力をもっているとも言えると思います。

米国型の男女が張り合う社会より、古来日本文化に根付いていた男女尊重の心をグッドパートナー 無敵の弁護士は思い起こさせてくれました。

 

グッドパートナー 無敵の弁護士最終回の感想3 叶ったみずきの願い

< 咲坂みずき役の松風理咲がグッドパートナーで新人離れした演技! >

離婚が当たり前の時代となってすでに何年も経過しています。昨今の流行りの教会での結婚に関しては、個人的に異論をもっていた管理人です。

キリスト教における結婚とは、「神の前で契約」する儀式ですから、何故、教会で結婚する多くのカップルが離婚するのか疑問に思っておりました。

咲坂みずき役 松風理咲
ドラマ公式サイト

 

名木登志夫夫婦が大切にしていた「結婚契約書」が、二人を離婚から思い留まらせるきっかけとなったことは、「約束」の大切さを今一度、思い出させてくれました。

グッドパートナー 無敵の弁護士で、愛娘のみずきがずっと願っていたこと。それは、パパとママが仲良くなって三人で家族として暮らすことでした。

咲坂健人一家
ドラマ公式サイト

 

グッドパートナー 無敵の弁護士の最終回で、復縁した咲坂健人と夏目佳恵の夫婦関係は、脚本家の福田靖の才能が光っていたという感想を強く思いました。ぜひ、これを契機にグッドパートナー 無敵の弁護士IIに期待したいと思います。

 

グッドパートナー 無敵の弁護士 視聴率と感想一覧

グッドパートナー8話視聴率と感想 健人の逆転勝訴に近い和解

グッドパートナー7話視聴率と感想 咲坂・夏目最強コンビ危うし

グッドパートナー6話視聴率と感想 山崎育三郎が弁護士役を好演

グッドパートナー5話視聴率と感想 松雪泰子の女弁護士の活躍!

グッドパートナー4話視聴率と感想 内輪揉めと仲直りは仲介次第

グッドパートナー第3話の視聴率と感想 竹野内豊893に屈せず

グッドパートナー第2話視聴率と感想 咲坂健人役の竹野内豊がヤバ過ぎ

グッドパートナー 無敵の弁護士第1話視聴率と感想 好スタート

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。