グッドパートナー 無敵の弁護士で、俳優の六平直政(むさかなおまさ)がゲストキャストとして、チェーン店のオーナーの根岸昇を演じます。ベテラン俳優の味の濃い演技を楽しむことができるでしょう。

グッドパートナー 無敵の弁護士
ドラマ公式サイト

 

グッドパートナー 無敵の弁護士で六平直政のキャストはチェーン店オーナーの根岸昇

< グッドパートナーキャスト 宮崎香蓮が島谷涼子で美人家庭教師に >

グッドパートナー 無敵の弁護士6話で、経営難に陥ったチェー店「蕎麦 いわし丸」のオーナー、根岸昇のキャストに抜擢されたのが六平直政です。「六平」と書いて「むさか」と読みます。後述しますが、「六平」という性は、全国でも極めた珍しい名前だそうです。

その六平直政が演じる根岸昇は、「蕎麦 いわし丸」のチェーン店のオーナーですが、3億円もの借金を抱え込んでしまい途方にくれ、奥さんの三佐枝(千賀由紀子)さんと二人で神宮寺法律事務所に相談にやってきます。

咲坂健人 熱海優作 赤星元
ドラマ公式サイト

経営は数年前から苦しくなっていて、気がついたら3億円もの借金になっていたのです。多くの従業員や取引相手もおりますので、簡単に潰して迷惑を掛けられないと頼るところもなく事務所にやってくるのです。

神宮寺法律事務所では、担当に咲坂健人が当たることになりました。

現在62歳で、ここまで至るのに、本人曰く「300を超える職種の仕事を体験し」、演劇でも「考えられる限りの役柄を演じた」という苦労人の六平直政の味のある演技を見ることができるでしょう。

 

グッドパートナー 無敵の弁護士でチェーン店オーナーの根岸昇を演じる六平直政とは?

< グッドパートナーキャスト 岡本あずさが法学部卒の茂木さとみ役 >

今年4月(10日)で、すでに62歳を迎えた六平直政ですが、すでに芸歴40年の大ベテランです。

「六平」と書いて、「ろっぺい」ではなく、「むさか」と読むのですが、日本全国でも非常に珍しい姓名だそうです。

六平直政(むさかなおまさ)というのは本名で、六平自身は東京中野の出身ですが、父親が秋田の先祖代々続く、浄土真宗の一派、真宗大谷派の出自で、この名前「六平」というのは平家に繋がる由緒ある名前だそうです。

落ち延びてきた平家の武将が六つの赤旗を立てたということから、「六つの赤」が「むつあか」となり、それが「むさか」になったとされています。

日本全国でも、珍しい六平性ですが、10軒にも満たない「六平性」は、全部親戚だということです。

お祖父さんが東大、お父さんが東北大を出ている六平家ですが、父親は生前、都立高校の先生をしており、その時に生まれたのが直政でした。

根岸昇役 六平直政
ドラマ公式サイト

六平直政は、22歳で演劇デビューしましたが、見ての通り、強面の直政は主演向きの顔ではなく、もっぱら脇役に甘んじてきました。

当然ですが、俳優業だけでは食べていけないので、これまでに前述した通り、ありとあらゆるバイトを経験したといいます。そして、キャストの配役についても、ほとんど考えられる役柄を演じたそうです。

62歳となった今でも、現役でしっかりとした演技には定評があり、これまでの苦労が演技に活かされていることは言うまでもないでしょう。

グッドパートナー 無敵の弁護士6話で、魚河岸のシーンが登場しますが、一番似合っているのは、六平直政でしょう。六平さんの役者魂に期待しています。

 

グッドパートナー 無敵の弁護士 あらすじ一覧

グッドパートナー5話あらすじ 逢沢りながセクハラ被害に!

グッドパートナー4話あらすじと見どころ 大ボスと健人が内紛に

グッドパートナー第3話あらすじと見どころ893相手は110番

グッドパートナー第2話あらすじと見どころ 動き出す二つのチーム

グッドパートナー 無敵の弁護士第1話あらすじと見どころ

 
最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。