世界一難しい恋6話で、ロケ地となった落語寄席はどこだったのでしょう?柴山美咲に任せたという鮫島零治がデートに誘われたロケ地となった落語寄席を調べてみました。

世界一難しい恋
ドラマ公式サイト

 

世界一難しい恋6話のロケ地となった落語寄席はどこ?

< 柴山美咲が世界一難しい恋で鮫島零治の気持ちが汲ない五つの理由 >

世界一難しい恋6話で、水族館デートも無事楽しく終わり、次のデートの行き先を柴山美咲に任せた鮫島ホテルズの社長、鮫島零治。

二度目のデートに柴山美咲が選らんだデートスポットは落語寄席でした。柴山美咲が零治社長を案内した落語寄席のロケ地はズバリ、新宿末廣亭です。

新宿末廣亭
ドラマ公式サイト

劇中では林家たい平の落語シーンが映っていましたが、間違いなく新宿末廣亭です。末廣亭は、常用漢字を使用して「末広亭」と書かれる場合もあります。

世界一難しい恋ロケ地となった新宿末廣亭の場所はこちらです。

新宿末広亭の基本情報

住所:新宿区新宿3-6-12
電話番号:03(3351)2974
営業時間:昼の部12:00~16:30  夜の部17:00~21:00
料金:一般3000円 シニア2700円 学生2500円 小学生2200円
アクセス:JR新宿駅下車徒歩5分 丸ノ内線新宿三丁目下車徒歩1分
休業日:12月30日・31日

詳しくはこちらをごらんください。

鮫島零治 柴山美咲
ドラマ公式サイト

 

世界一難しい恋6話のロケ地となった落語寄席の新宿末広亭とは?

< 世界一難しい恋大野智のダンスの相手は?柴山美咲の祖父役は? >

世界一難しい恋6話で、柴山美咲が鮫島零治を誘った落語寄席ロケ地となった新宿末廣亭は、創業が明治30年と言いますから、かれこれ120年近くになる老舗です。メッカと呼んでも文句をつける人はいないでしょう。

鮫島零治 柴山美咲
ドラマ公式サイト

東京都内には、末廣亭の他に、上野の鈴本演芸場、浅草の浅草演芸ホール、池袋の池袋演芸場があり、この四か所が落語の定席となっています。

残念ながら、管理人は末廣亭に足を運んだことはありませんが、鈴本演芸場と浅草演芸ホールで落語を聞いたことはあります。(えへん。)

この末廣亭は、開業当初は堀江亭という名前だった小屋を、名古屋出身の浪曲師、末広亭清風が購入した際、名前を自身から取って「末廣亭」としたとあります。

新宿末廣亭
ドラマ公式サイト

特筆すべきは、落語協会と落語芸術協会の二つの組織が10日置きに出演者を出していることでしょう。

この二つの協会に分裂した経緯はここでは触れないことにしますが、いずれにしても新宿末広亭では、新人から名の通った落語家の噺を聞けるだけでなく、漫才からマジック、俗にいう色物演芸まで幅広くお笑いを堪能できます。

横浜が舞台の「世界一難しい恋」ですので、横浜の落語寄席ロケ地ではと思い調べましたら、横浜には「横浜にぎわい座」という寄席がありますが、今回の世界一難しい恋ロケ地は新宿末広亭でした。

横浜にぎわい座の情報はこちらからどうぞ。

 

世界一難しい恋 その他のロケ地

世界一難しい恋ロケ地 初キス狙いの観覧車デートのロケ地はどこ

世界一難しい恋ロケ地 落語寄席のロケ地となった場所はどこ?

世界一難しい恋ロケ地 水族館デートは密会にちょうどいい場所!

世界一難しい恋ロケ地 和田と白浜のバーでの密会は何のため?

世界一難しい恋ロケ地 中華レストランは企画戦略部ご用達?

世界一難しい恋ロケ地 ジムの撮影はホテルではなかった?!

世界一難しい恋ロケ地 鮫島ホテルズ本社とステイゴールドホテル

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。