世界一難しい恋6話あらすじから、どうやらバカップルが誕生したようです。大野智の演じる鮫島零治と柴山美咲(波瑠)のお二人です。でも、喧嘩も覚悟の上なのでしょうか?そうでもないようですね。早速、「破局」だどうのって騒ぐ大野智の演技に爆笑です。

世界一難しい恋
ドラマ公式サイト

 

世界一難しい恋の成就は本物ですか、大野智くん?バカップル誕生1

それにしても、「世界一難しい恋」は、実に冴えている大野智の演技です。大野くん演じる鮫島零治の「初恋物語」ですが、この作品を間違いなく「ラブコメディ」にしているのは、鮫島零治を演じている大野智に間違いありません。

前週の5話では、石神剋則(杉本哲太)の結婚報告など、鮫島零治の「お決まりお笑いシーン」が少なくて、消化不良に陥っていた管理人ですが、世界一難しい恋6話では、冒頭の部分から絶好調、最後まで笑わせていただきました。

≪詳しい6話あらすじこちら

 

まず、冒頭で、ヒロイン柴山美咲の生い立ちから入り、社長室での秘書、村沖舞子(小池栄子)との会話にも爆笑でした。

その後すぐに、零治と美咲の「水族館デート」に移行。デート慣れしていない鮫島零治が会話のテーマにしたのが、小学校の役割。

水族館デート
ドラマ公式サイト

動物が好きなんですね、と美咲に振られると「小学校の時は飼育係をしていた。君は?」と答える零治さん。

「学級委員でした。」の応えに「やっぱりそうか!」と嬉々として目を輝かせる大野智の表情は、かわいいですね。本当にこの役は大野智の「役」です。(笑)

それまで、無かった互いの呼称を「レイさん」「ミサさん」と決めて、心をときめかすシーンでもつい微笑んでしまいました。まさに、バカップル誕生の瞬間でした。(笑)

やっぱり、恋愛の楽しくて愉快なシーンというのは、いつの時代でもこの「胸キュン」の感覚なんですよね。管理人も大好きです。

昨今は時代も変わり、余りに性描写が開放的になり過ぎて、あるいは極度の反発などもあり、「適度」が見えにくい時代となってしまいました。しかし、世界一難しい恋の脚本は、ラブコメディに必要な「胸キュン」と少し幼稚なバカップル度が笑いを誘ってくれます。

しかし、ワンマン社長の鮫島零治にとって、柴山美咲は本当に「本命」になるのでしょうか。学級委員で、遠慮なく物事を言う美咲とは相性は良くないと思うのですが、喧嘩も覚悟の上なのでしょうか?

 

世界一難しい恋の成就は本物ですか、大野智くん?バカップル誕生2

ホテル協会のパーティーに女性同伴で行くというのが、鮫島零治ですからそもそも柴山美咲を恋愛対象と考えていませんでした。

何でも従う従業員の中で、自分の自由にならない柴山美咲が気になるという展開のあらすじですが、案の定、協会のパーティーには予定があり、出席できないと断る美咲です。

自由にならないので、「これは仕事だ」と、いつものこれまでの零治社長の本分が出てしまいます。

ホテル協会パーティー
ドラマ公式サイト

この辺の脚本、演出も面白かったですね。そして、喧嘩別れした後になって後悔する鮫島零治の演技をする大野智くん、役作りが実に上手いです。(笑)

世界一難しい恋で、この大野智の演技が笑えない方には、残念ですが、大野智は「大人こども」のキャラを実に上手く演じていると思いますね。

そして、「恋愛の師匠」に報告に行った零治社長は、ステイゴールドホテルの和田英雄(北村一輝)に、それまでの経緯を美咲にバラさないよう口止めを要請するのですが、これが裏目。

ホテル協会のパーティーでは、肝心のダンスが始まる前に、和田社長から美咲をパーティーに同伴させるために努力していたことをバラされてしまいます。

それを聞いた柴山美咲は、「最低!」と言って会場を出て行ってしまいます。彼女は「学級委員タイプ」ですからね。

鮫島零治
ドラマ公式サイト

美咲が去った後の、鮫島零治のダンス相手がおばあちゃんのホテル協会会長だったのは大爆笑でした。

苦虫を潰したような表情の大野智くん、かわいかったですね。どうやら、この二人の喧嘩はまだまだ続きそうですね。

やっぱり、最後は「ウェディング」シーンで盛り上げるつもりなんでしょうかね、脚本の金子茂さん?

世界一難しい恋 あらすじ

世界一難しい恋5話あらすじと見所 零治の告白と柴山美咲の反応

世界一難しい恋第4話あらすじと見どころ 大野智に大爆笑の予感

世界一難しい恋第3話あらすじと見どころ 大野智に大爆笑!

世界一難しい恋第2話あらすじと見どころ 鮫島社長の求愛行動

世界一難しい恋第1話あらすじと見どころ 冷酷社長の見合い不発

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。