重版出来!で、興都館コミック営業部の部長、岡英二役に抜擢されたのは生瀬勝久です。編集長の和田靖樹とは同期でライバルですが、切磋琢磨しながら、興都館を盛り上げています。手元に「忍法帳面」なる手帳を認め、営業戦略を練る岡英二営業部長の魅力とは?

重版出来!

 

重版出来!で生瀬勝久が演じるキャストの岡英二はコミック編集部長

重版出来!で俳優の生瀬勝久が、興都館コミック営業部の岡英二営業部長を演じます。岡英二は、ヒロイン黒沢心の所属する週刊バイブスの編集長である和田靖樹(松重豊)入社同期でライバルです。

小泉純(坂口健太郎)の上司となる岡英二は、入社以来、自分で付けている手帳を持ち、「忍法帳」と名付けられた手帳を元に営業戦略を練る「営業の達人」なんですよ。

岡英二 小泉純
ドラマ公式サイト

場合によっては、部決会議などで、編集部長の和田靖樹と衝突しますが、それはそれ、です。岡も和田も互いに漫画を愛する気持ちと興都館を愛する気持ちには変わりはありません。そして、その熱い情熱をお互いに分かっています。

編集部と営業部の対決シーンでは、生瀬勝久と松重豊というベテランで味のある俳優同士のぶつかり合いが、見どころとなっています。

黒沢心に触発された、それまでやる気のない営業マンだった小泉純から、忍法帳を見せて欲しいと頼まれすシーンの生瀬勝久はかっこ良かったですね。

岡英二役 生瀬勝久 
ドラマ公式サイト

ちょっぴり、惜しそうに、それまで誰にも見せたことのない忍法帳を、そっと小泉純に手渡す岡英二の意地らしさがよく出ていました。
【重版出来!関連記事】

重版出来!キャスト謎だらけのムロツヨシ本名?スカパン?未結婚?

重版出来!メガネがかっこいいオダギリジョーが五百旗頭副編集長に

重版出来!第3話 滝藤賢一が高畑一寸役で全裸に!X-メンのよう

重版出来!第4話 トレエン斎藤司参上!ゲストでドラマ初出演

 

重版出来!で興都館コミック営業部長、岡英二役の生瀬勝久とは?

興都館でコミック営業部の部長岡英二キャストを務める生瀬勝久(なませかつひさ)は、現在55歳のベテラン俳優です。

もうすぐ芸歴40年になろうという生瀬勝久は、現在55歳。同志社大社会学部卒で、在学中にゼミの教授には「俳優向きではない」と指導された生瀬は、反骨心からか、すでに取り付けてあった企業内定を自ら取り消し、役者の道を選んだのです。

岡英二役 生瀬勝久
ドラマ公式サイト

脇役が多い生瀬勝久ですが、それだけ貴重な存在でもあり、演技力が認められているということでしょう。

そして、2010年には、生瀬勝久自身初となる、連続ドラマの主演を「警部補 矢部謙三」で獲得したのです。

すでに、女優の仲間由紀恵の出演作品では、「毎度、お馴染み」とばかり、「ごくせん」「功名が辻」「トリック」など、仲間由紀恵の「相棒」とも言える存在で、主役を演じずとも生瀬勝久の実績と名声は折り紙付きと言えるでしょう。

厳しくとも深い愛情が滲み出る岡英二の役柄を見事に演じている生瀬勝久です。
最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。