重版出来!で、ムロツヨシが漫画界の巨匠、三蔵山龍(小日向文世)のアシスタントのキャストで出演しています。ムロツヨシは不思議なキャラで、本名スカパンや未結婚と謎だらけの俳優です。重版出来!で沼田渡を演じるムロツヨシの謎に迫ってみたいと思います。

重版出来!
ドラマ公式サイト

 

重版出来!で沼田渡のキャストになったムロツヨシの本名は?

重版出来!の出演キャストムロツヨシ名前を見て、?に思った方もいらっしゃるでしょう。何しろ、珍しいカタカナ名ですからね。まさか、大リーグに行ったイチローを真似した訳でもないでしょうし。(笑)

もしかして、外人か或いはハーフなのでしょうか?ムロツヨシのプロフィールによると、本名は一切明らかにされておりません。そして、ムロツヨシ自体、姓名の区別が無いということです。

と、いうことは、苗字も名前も区別しないで、全部通しの「ムロツヨシ」なのです。つまり、これで、一語なのです。

沼田渡役 ムロツヨシ
ドラマ公式サイト

本人の弁を借りれば、正式な漢字で本名を書くと、画数が多くて大変なので、カタカナにしたそうです。意外とイチローが参考になっているのかも知れませんね。

イチローが鈴木一郎から名前を変更したのが、1994年で、ムロツヨシが舞台で活動を開始したのが1999年ですから、この「イチロー影響説」は意外と納得できるかも知れませんよ。

姓名の区別が無いということですが、普通に読めば「ムロ・ツヨシ」となるでしょうね。まさか、その前後で区切って「ム・ロツヨシ」とか「ムロツ・ヨシ」と読む人は少ないと思います。

このように、本名については公表もないし、資料もなく、漢字の画数が多いというだけしか分からない謎の役者です。

 

重版出来!で沼田渡役のムロツヨシにまつわるスカパンとは?

ムロツヨシは、東京理科大学を中退して、演劇界に入った俳優で、舞台では、脚本、演出、出演と演劇に幅広く活動しています。

2008年に始まった「muro式」の舞台の広報PRの活動の中で、トークライブを開催するくらいですから、トークには評判が良かったのでしょう。

そのトークが買われたのか、ラジオの文化放送の音楽番組でパーソナリティーを務めたのが「スカパン」という番組だったようです。

沼田渡 三蔵山龍
ドラマ公式サイト

因みにスカパンとは、スカパンクの略で、スカコアというジャンルのことを指しますが、ハードコア(日本語に約するとのめり込む)とスカビートの合体で、スカというのはジャマイカ発祥の音楽です。

つまり、スカパンとは、スカパンクを短くした言葉で、「スカビートにのめり込んだ」音楽という意味になります。

このトーク番組で、ムロツヨシは綾野剛など、自分の親しい友人たちをゲストとして招くなどして、幅広い交友録をもっているようです。

 

重版出来!で沼田渡役のムロツヨシにまつわる結婚?の話

人気もあり実力も兼ね備えながら40歳のムロツヨシは、結婚は未だのようです。映画、ドラマ、舞台と大活躍(紙面が足りません)するムロツヨシですから、小泉孝太郎や小栗旬など、交友も幅広いのですが、未だに結婚していないのです。このムロツヨシの未婚というのも「謎」ですが、家庭の事情が関わっているのかも知れません。

家庭の事情といっても、現在ではなく、ムロツヨシの過去にあります。ムロツヨシの両親はムロが3歳の時に離婚して、母も父も子供二人(ムロと姉)を残し、出て行ってしまったそうです。二人の子供は父親の親戚や祖父母の元で育ったのです。

しかし、ムロが中学に上がると、突然に父親が別の女性と連れ子と一緒に現れたそうです。急に、(義理の)母と兄弟が現れたのです。そして、その父親一家はムロが住んでいたアパートの隣で暮らし始めたそうです。

沼田渡役 ムロツヨシ
ドラマ公式サイト

ムロツヨシが未婚の理由は明らかではありませんが、過去に付き合った女性からは、「私はツヨシ君のお母さんじゃないよ」と言われたそうで、ムロツヨシが女性に求める理想像が実母のイメージと重なっていることに起因しているのかも知れません。

しかし、明るく人気者で、役者としても評価の高いムロツヨシですから、もうじき、この未結婚の謎にも終止符が打たれるかも知れませんね。(笑)

 

重版出来!でムロツヨシがキャストを務める沼田渡とは?

重版出来!でムロツヨシが演じる沼田渡とは、漫画界の重鎮、週刊バイブスの看板作家と言われる三蔵山龍ではなく、その弟子でアシスタントです。

漫画家を目指してすでに20年が経過し、師匠の三蔵山にネーム(原稿)すら出すのも面倒になっています。しかし、優柔不断な沼田渡は、漫画家を断念する勇気もなく、ただダラダラとアシスタントの業務を続けています。

ちょっぴり、呑気そうに見えて、人の好さそうなムロツヨシキャストに、沼田渡はぴったりだと思います。
最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。