スポンサードリンク


お迎えデス。でゆずこ役の濱田ここねが「子役の女王」芦田愛菜を超える演技を披露しています。OUR HOUSEで苦戦している芦田愛菜を他所にお迎えデスでは、濱田ここねが演じるゆずこが頗る評判です。

お迎えデス 
ドラマ公式サイト

 

お迎えデス。子役濱田ここねがゆずこ役を好演

お迎えデス。で、子役濱田ここね は死神のナベシマの相棒としてゆずこ役で登場します。ゆずこは外見は少女ですが、中身は大人の女性(らしい)とあって、その役柄を濱田ここねは見事で演じて好評を博しています。

ゆずこは課長の林田に好意を持たれており、大変迷惑していますが、相棒のナベシマとは相性の合うコンビ。二人で、極楽送迎社二課を担当しています。

濱田ここねゆずこ役がぴったりのようで、緊張感も感じられず、のびのびと演技しています。福士蒼汰土屋太鳳を相手にしても、しっかりとゆずこ役をこなしているように見えます。

ゆずこ役 濱田ここね
ドラマ公式サイト

子役の女王」と言えば、芦田愛菜の名前が必ず挙がるでしょうが、その芦田愛菜は、今クールのOUR HOUSEで、非常に苦戦しています。

芦田愛菜の演技は定評がありますが、OUR HOUSEに於いては、脚本とセッティングにおける酷さもあり、主演にはちょっときついですね。

一方で、濱田ここね にとってゆずこはぴったりとも言えるキャストで、彼女の持ち味が十分に発揮できる配役と言えるでしょう。

 

お迎えデス。ゆずこ役の子役濱田ここねの真骨頂

第1話を見ての通り、濱田ここねの演技の高さは子役の中でも抜群と言えるのではないでしょうか。そもそも子供なのですから、可愛いには違いないのですが、セリフ回しも、相方のナベシマ(鈴木亮平)との共演も、実に上手にこなしています。

噂によると、相棒のナベシマがうさぎの被り物を強要されていることから、ゆずこもナベシマにコスプレを強要され、セクハラ紛いの行為をされるとされていますが、それは単に口上だけで、ゆずこはコスプレにはほど遠い、レーシングのユニフォーム(のような服)をまとっています。

無理に言葉で面白くする必要はまったくありませんよね。濱田ここねが普通にゆずこを演じるだけで、十分に通ります。さすがに映画「おしん」で主役の谷村しんを演じただけあります。

ゆずこ ナベシマ
ドラマ公式サイト

「見た目少女で中身は大人」というキャストのゆずこ役には、演技がしっかりしている濱田ここね にぴったりでしょう。芦田愛菜がOUR HOUSEで失敗したような出演作の選びミスを犯さなければ、十分の芦田愛菜を超える力を持つ逸材だとおもいます。

今回のお迎えデス。は、そういう意味では、無理のないセッティングで、背景にあるフィクションという形をとるドラマなので、濱田ここねは思い切って自分の演技ができるでしょう。

視聴者にとっても、うさぎの被り物を着るナベシマ、成仏できない魂をあの世に届けるという空想の物語なので、妙な違和感を覚えず、純粋に濱田ここねの演技を楽しむことができます。

谷村しん役で、大ブレークした濱田ここねの大人勝りの演技力濱田ここねの真骨頂ともいえるでしょう。
最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。