重版出来!」で興都館の社員たちが食べにいく小料理重版の女将ミサトキャスト野々すみ花キャストインしました。編集部の副編集長五百旗頭敬(オダギリジョー)との間には?が付く間柄だとか。和服が似合うきれいな女将ミサトとはどんな女性なのでしょう?

重版出来!
ドラマ公式サイト

 

重版出来!で小料理重版の女将のミサトのキャストには野々すみ花

興都館、バイブスの編集部員たちの胃袋を満たしてくれるのが、小料理重版。「重版」なんて変わった名前と思ったのは管理人だけではないでしょうね。(笑)

いったい、このミサトという女将は、どんな女性なのでしょうね。そして、どういう理由でお店の名前を「小料理重版」としたのでしょうか。

ミサト役 野々すみ花
ドラマ公式サイト

お店が長い間、興都館の近くで営業していたのでしょうか?或いは、女将の前の経営者が重版を始めたのでしょうか?何しろ興都館の社歴にも詳しい女将で、昼夜を問わず働く編集者たちのためにお昼のランチもやっているのです。

第1話でも、黒沢心(黒木華)や壬生平太(荒川良々)が食事をしていましたね。オダギリジョーも後から入ってきてビールを飲んでいましたよ。

小料理重版
ドラマ公式サイト

興都館の編集部員たち「ご用達」のお店らしく、女将のミサトも随分親しいようでしたね。しかし、このミサトは、年齢も素性も明らかにされていません。ミステリーに包まれた女将を野々すみ花が演じます。

五百旗頭敬とミサトの間には?が付いているようです(相関図では)ので、お互いに惹かれているのかも知れません。「重版出来!」は恋愛ドラマではありませんので、この?マーク以上に関係が深まることはないと思われます。(笑)

 

重版出来!のミサト役でキャストインした野々すみ花とは?

小料理「重版」の女将ミサトキャストに抜擢された野々すみ花は京都府出身の女優で現在29歳です。着物姿が似合う美人女将だと思った方も多いでしょう。

実は、野々すみ花は、宝塚歌劇団出身だったのです。道理で美人のはずじゃないですか。(笑)18歳の時、宝塚に入団し、花組に配属され、2009年には宇組に移って娘役のトップを務めていたのです。

4年前に宝塚歌劇団を退団して、その後はお芝居の舞台やテレビドラマで活躍してきました。

演劇の他にも歌やダンスと多才の野々すみ花は、退団した後もミュージカルに挑戦したり、実演以外にもテレビドラマなどの映像による作品でも活躍しています。

ミサト役 野々すみ花
ドラマ公式サイト

因みに宝塚歌劇団の「花組」というのは、全5組ある中でも筆頭とされていて、宝塚歌劇団史上、一番古い組です。

宝塚歌劇団を良く知らない人でも、古くは「男役」で名を馳せた越路吹雪の名前を聞いたことはあるかと思います。最近では「下町ロケット」で佃航平の別れた妻、和泉沙耶役を演じた真矢みきなども花組の男役でした。

 

重版出来!で明らかになるかミサトの詳細?

年齢もその他の詳細も明らかになっていない美人女将のミサトの正体が気になるところです。黒沢心(黒木華)が就職した興都館の歴史にも通じていて、時間に不規則な編集部員たちの「台所」となっている小料理重版です。

小料理重版の名前の由来も気になりますし、女将の過去も気になります。副編集長でイケメンの五百旗頭敬との関係も知りたいです。

小料理重版
ドラマ公式サイト

このように、メインキャストではないものの、重版出来!での、美人女将ミサトの存在はミステリアスというだけで片づける訳にはいきません。

最後まで注意深く見守る必要がありそうです。(笑)
最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。