子役の高橋來くんが遠藤憲一扮する大道寺保の「隠し子」として今晩のドラマおとうさんと呼ばせて第8話に登場します。先月4日に誕生日を迎えたまだ7歳の高橋來くんが遠藤憲一と共演するので話題となっています。

a

 

高橋來の経歴

高橋來くんの経歴ってったって、まだ7歳ですから、このページを埋め尽くすような真似はできませんよね。(笑)。先月2月4日の誕生日で7歳になった高橋來くんは、三年前の平成25年にドラマの「検事・朝日奈耀子」でデビューを果たしました。

そして、同じ年に放送された「Woman」で、主人公・青柳小春(満島ひかる)の息子・青柳陸を演じて話題となりました。陸の父親は事故死で亡くなっていたので、お母さん小春がシングルマザーで子育てをしたのです。

八神光太郎役 高橋來
ドラマ公式サイト

高橋來くん、当時まだ4歳でしたが、その「ルックス」と演技力も高い評価を受け、今回の出演になったようです。まさに「若きホープ」ですね。いったい、遠藤憲一「お父さん」とどんな共演を見せてくれるのでしょうね?

 

果たして大道寺保に「隠し子」はいるのか?

高橋來くんが「大道寺保の隠し子」の疑惑付きで今晩の第8話に登場しますが、保には本当に隠し子がいるのでしょうか?若気の至りで粗相をして、誤って生ませてしまったのか(笑)、あるいは正義感が強く男気のある保を頼る女性が、家庭内暴力から逃れるために、保に助けを求めてくるのか、その辺は判断しかねます。

八神葉子役
ドラマ公式サイト


高橋來
くんが演じるのは光太郎と言って、お母さんの名前は八神葉子ですから、性は同じく八神だと思うのですが、果たしてこの八神という性、かつては「大道寺」だったのでしょうかね?

高橋來くんが、「隠し子」で登場するのか、あるいは他人の子で登場するのか、今晩の第8話が楽しみです。

楽しみといえば、これまで番組予告で登場していた超特急の面々ですが、今回は予告無しの登場となっているので、それも楽しみですよ。

 

遠藤憲一と渡部篤郎の戦いも「天王山」を迎える第8話

いよいよ佳境に入ってきた「おとうさんと呼ばせて」ですが、残り放送回数を考えても、保と美蘭のウェディングを考慮すると、今晩の大道寺保と花澤紀一郎の対決は「天王山」と呼ぶのに相応しいものとなるのではないでしょうか。

 

 

花澤美蘭役 蓮佛美沙子
ドラマ公式サイト

最大の危機に直面する大道寺保は、言い訳をしない男ですから、ツンデレの女王、花澤美蘭(蓮佛美沙子)ですから、切れて「隠し子発覚が縁の切れ目」と為りかねません。絶対に目が離せない今晩の「おとうさんとよばせて第8話」です。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。