大奥を舞台にした、松本清張原作の「かげろう絵図」が、人気女優の米倉涼子を主演に放送されます。「松本清張といえば、米倉涼子」と言われるほどの米倉涼子の「代名詞」ともいえる松本清張が描く大奥サスペンスの放送日や、キャスト、あらすじも一緒に見ていきましょう。

かげろう絵図
ドラマ公式サイト

 

大奥が舞台の「かげろう絵図」の放送日はいつ?

低調気味のフジテレビが、米倉涼子を主人公に、大奥の女スパイを描くスペシャル番組「かげろう絵図」の放送日は、4月8日の金曜日です。午後9時から11時22分の枠で放送されます。

かげろう絵図」原作の松本清張と言えば、日本が誇るサスペンスの巨匠ですが江戸時代が背景となる今回のような時代劇も手掛けていたことを知る人は多くありません。

舞台を江戸時代後期、大奥にした「かげろう絵図」は、その名の通り、華やかな大奥の中に潜む権力争いや、知略、策略をもって伸し上がろうとする陰謀に挑戦する女スパイの活躍が見どころです。縫を演じる米倉涼子、この作品が二度目の時代劇ということですが、米倉の魅力が余すことなく発揮されるドラマとなりそうです。

 

大奥を舞台の「かげろう絵図」のメインキャスト 

米倉涼子    縫(主人公) 女スパイ

山本耕史    島田新之助  縫が慕う従兄弟で闇医者

夏川結衣    豊春     謎の死を遂げた妹の真相を追及する三味線の師匠

國村隼     中野石翁   別名清茂といい、家斉の側近。お美代の養父。

竹中直人    脇坂安薫   縫と新之助の後見人で悪事を暴く寺社奉行

津川雅彦    徳川家斉   ご存じ「おっとせい」11代将軍

白石加代子   御台所寔子  家斉の正室

高畑淳子    佐島     大奥の上臈で感応寺の「御祈祷」が大好き

木下ほうか   水野美濃守  悪徳中野石翁の利き腕で、策士家

中村優子    お美代の方  家斉の側室となり大奥を牛耳った

木村祐一    落合久蔵   大奥に上がった登美(縫)を見張る添番

宇梶剛士    奥村大膳   前田家の御家人で中野石翁の右腕

富永沙織    菊川     豊春の妹で縫が付く中臈

 

松本清張原作でドラマ「かげろう絵図」のあらすじ

 

江戸時代は後期、権力を握る大御所・徳川家斉も晩年、
江戸城“大奥”の支配を目論む巨悪の腐敗に迫るため、
毒々しくも華やかな“大奥”に身ひとつで潜入することとなった
ヒロイン、縫。
国を揺るがす陰謀、大奥と感応寺にはびこる悪事…。
すべてはお世継ぎを決める権限を握っている
家斉のお墨付きを巡って繰り広げられる抗争、
策略に満ちた熾烈な争いにつながっていく…。
点と点がつながったその時、明かされる真実…。
果たしてお世継ぎはどうなるのか!?

江戸の世を騒がせた一大ゴシップ“感応寺事件”をもとに描く
驚異の歴史サスペンス!
厳かに張り詰められた松本清張の重厚なサスペンスを軸に、
“大奥”の絢爛豪華な時代絵巻が繰り広げられる
究極のエンターテインメントが幕を開ける!
引用元:番組公式ホームページより
http://www.fujitv.co.jp/kagero-ezu/index.html

 

大奥で広げられる「かげろう絵図」あらすじの解説

かげろう絵図」の背景となった徳川将軍家斉とその時代背景を知っておくと、より楽しいドラマとなるでしょう。

徳川15代将軍の中でも、将軍在位50年と最長で、しかもその間に、側室44人、産ませた子供が55人とも言われる「世継ぎ一筋の人生」だった将軍です。(笑)

正室は島津重豪の娘・近衛寔子ですが、これがものすごいブス(見た訳ではありませんが)で気位だけ高い女性で家斉は相手にしなかったと伝えられています。

しかし、「そこは大奥一度はおいで」。将軍ならではの「世継ぎをもうける」という大役がありますから、正室を相手にしなくとも、侍女たち中臈の中から気に入った女性は選び放題です。

家斉が34歳の時にやってきたお美代という娘が、三人の娘を授かるも男児が産めずに、その後、権力に生き甲斐を見出したことで、大奥内での権力争いが勃発します。

お美代は(実父ともいわれる)僧侶日啓と組んで大奥の女中どもを「祈祷」と称した性的開放策で懐柔し、大奥の権力を手にします。お美代の企んだのは違う方の「きとう」だったのかも知れませんね(笑)

本来、側室の個人的願い事はご法度となっていた大奥で、お美代の方は、家斉に取り入り、父の僧侶日啓のために感応寺を建立させ、将軍家の御祈祷所としたのです。

御褥下がりとなった女中たちに、感応寺の祈祷の良さを説くお美代の方の人気は不動のものとなりました。それにしても、この「感応寺」という名前、よく付けましたね。(笑)

お美代の方は前田藩に嫁いだ自分の娘、溶姫の生んだ前田慶寧を世継ぎにするよう家斉に遺言書まで書かせたとしてあります。このような振る舞いに、危機感を抱いた老中水野忠邦の計らいで、寺社奉行阿部正弘が、感応寺、智泉院の摘発が行われ、住職の日啓は処罰されることとなったのです。

すでに家斉亡きお美代の方は専行院と称していましたが、これを機に大奥の筆頭女中花園と一緒に押入(おしこめと読み、幽閉されること)となったのです。この時、もちろん養父の中野清茂も同罰を受けています。

かげろう絵図」は松本清張原作のサスペンスですが、11代将軍徳川家斉と大奥の背景を知っておくと、よりドラマが興味深いものとなるでしょう。
大奥関連記事はこちら】

江戸城大奥とは?誰が何のために大奥を作ったの?

江戸城大奥 成宮寛貴が将軍家斉キャストに!沢尻・蓮佛・浅野に翻弄?

大奥 お美代の方のヒソヒソ話と驚くべき日啓!ご祈祷とは?

大奥まゆゆ渡辺麻友が女スパイ!カツラは不似合いも美味しい役処

将軍の世継ぎの為の大奥は男子禁制で「女の園」になった

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。