ますます形が見えないまま終盤に入ってきた「家族ノカタチ」、いよいよ最終回に向かってという第8話あらすじを見てみましょう。大介(香取慎吾)と葉菜子(上野樹里)は、果たして「くっつく」のか、或いは葉菜子は高瀬和哉と寄りを戻すのか、さっぱりドラマの展開は読めません。(笑)

家族ノカタチ
ドラマ公式サイト

 

家族ノカタチ第8話のあらすじ

まずは、非常に短いですが、番組のHPからあらすじを拾ってみましょう。

 

 大介(香取慎吾)は、ようやく陽三(西田敏行)が探しているといっていた再婚相手の恵(水野美紀)と会うことができた。陽三は結婚詐欺に遭っているかもしれない、という大介の心配も晴れて、恵は今年最後の看護学校試験に臨む。試験の結果はどうであれ、これで陽三と浩太(髙田彪我)が大介のマンションに居候する理由もなくなったと、大介が佐々木(荒川良々)らに話をすると、ペンナ企画開発部の面々から送別会を開こうとの声が上がる。一方、律子(風吹ジュン)も、そろそろ夫の待つ川上村へ戻ると葉菜子(上野樹里)と伝えていた…。

 

そんなある日、大介に想いを寄せる莉奈(水原希子)が葉菜子と和弥(田中圭)と一緒に、大介の行きつけのビアバーへと現れた。いつものように一人でビールを楽しむ大介は、突然の来訪者にビックリ! 果たして、3人は何のために大介を訪ねてきたのか!?
引用元:TBS公式ホームページより
http://www.tbs.co.jp/kazokuno_katachi/story/

 

家族ノカタチ第8話の展開と見どころ

家族ノカタチ第8話の展開は、行方が分からなくなっていた、父親永里陽三(西田敏行)の再婚相手の恵(水野美紀)と再会が果たせたところから始まります。何はともあれ、取り敢えず目的を達した陽三と義弟の浩太(高田彪我)にマンションから出るように話す息子の永里大介(香取慎吾)のようです。

まあ、大介からすれば、やっとの思いで手に入れたマンションでのシングルライフが始められるわけですから、これはもう当然でしょうね。

送別会
ドラマ公式サイト

それを聞いた「お節介」で気持ちの悪い変態、佐々木彰一が大介の意向も考えずに、「お別れ会」を催すというのですから、この佐々木の「お節介」ムードは、今更いうまでもありますまい。(笑)この佐々木の行動だけは、展開が読めますよね。(笑)

それから、上階に住む熊谷葉菜子の母、律子も亭主の居る川上村に戻ることになるというのです。この辺は、このドラマに一貫している「こじつけ」ですので、なーんも不思議ではありません。

それに加え、大介が一人で楽しむバーに、片思いの田中莉奈(水原希子)が、葉菜子と元旦那の高瀬和哉の三人で突然、現れるというのです。

はい、これも立派な「こじつけ」ですので、展開はさっぱり読めません。

ですが、管理人が思うところ、恐らく、この三人の訪問は、永里陽三の健康状態に関係していると思われます。第7話でも、マンションで咳込む陽三の姿は目撃されています。

残り3話を考慮すると、大介、陽三の永里親子、それに熊谷葉菜子と和哉の元夫婦に何らかの事態が起こると考えられ、今更、田中莉奈や佐々木彰一の恋愛話がテーマの中心になるとは思えません。

永里陽三役 西田敏行
ドラマ公式サイト

クライマックスに向かい、もしかしたら、永里陽三の「最後」を看取るようなことになるのかも知れません。もし、そうにでもなったら、「とんだホームコメディ」と言わねばなりませんよね。(笑)
と、いうことで、「家族ノカタチ」の第8話の成り行きをあらすじから予想してみました。

それにしても山下絵里の楽曲「Unpredictable Story」の素晴らしさが、特に耳に残るドラマです。管理人はこの音楽のために、視聴しています。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。