おとうさんと呼ばせて第6話あらすじと見どころをご紹介しましょう。大道寺保の姉さん、留美子の登場で、大混乱となる「大道寺家vs花澤家」、そして、姉の美蘭と妹の真理乃の「姉妹喧嘩」も勃発します。最年少役員と謳われた花澤紀一郎に「会社くび」の様相も呈してきて、その上、紀一郎の父、助平爺さん昭栄が、保の姉を好きになるという、たった一人、保の姉さん留美子の登場が人間関係を大混乱に落としいれます。

お義父さんと呼ばせて
ドラマ公式サイト

 

おとうさんと呼ばせて第6話のあらすじ-留美子の登場

夜勤明けの花澤美蘭(蓮佛美沙子)が保のマンションでうとうとしてしまった処に現れる大道寺保の姉さん留美子(秋野暢子)は、保と美蘭の結婚話を聞いて、「年の差婚」に難色を示します。

蓮佛美沙子 秋野暢子
ドラマ公式サイト

この時点で、早くも留美子は小姑っぽく振舞い始めていますね。(笑)だから、女性は大変なんですよね。

そして、その後、美蘭を家まで送るついでに、「ご挨拶」をすると花澤家を訪問する留美子ですが、美蘭の父、花澤紀一郎(渡部篤郎)が、自分の可愛い弟を良く思っていないと知って、喧嘩腰となるのです。

ついに花澤家と大道寺家は「全面対決」の様相となってしまいました。

そんな花澤紀一郎に、会社で重大なことが起こっていました。大手総合商社、帝洋物産の常務である紀一郎の会社の業績が急に悪くなり、紀一郎の責任問題に発展してしまうのです。何とか「くび」だけは回避しなければならないピンチを凌ぐために内部工作に奔走する紀一郎です。

花澤昭栄 留美子
ドラマ公式サイト

そんなえらい大変な時に、父の昭栄(品川徹)が散歩に出掛けたまま、帰ってこないと心配する妻の静香(和久井映見)から知らされます。昭栄助平爺さんは、なんと保の姉さん、留美子にイカレテしまい、保のところに遊びに出掛けたのです。かっちょいい爺さんですね。(笑)

昭栄爺さんを連れ戻すミッションを受けた次女の真理乃(新川優愛)が、昭栄爺さんを迎えにいくのですが、今度は留美子の毒牙にかかり、べったりになってしまうのです。

留美子の姉妹比較が、さらに花澤家を混乱に落とし入れていくのです。(笑)

 

おとうさんと呼ばせて第6話の見どころ

はっきり言いましょう。第6話の見どころは「全部」です。(爆笑)何しろ、秋野暢子姐さんの演じる留美子ですよ。あのパワーに負け地と、紀一郎も美蘭も真理乃までが全開で、張り合うでしょうからね。

そんな中でも、特に見どころとなるのは、まず、蓮佛美沙子と新川優愛の演じる姉妹喧嘩でしょうかね。留美子の「妹真理乃贔屓」が姉妹喧嘩の火をつけるようです。(笑)

花澤美蘭 真理乃
ドラマ公式サイト

それから、元気で助平な昭栄爺さんの、気に入った留美子に対しての迫り具合でしょうかね。元々、入所していた老人ホームで、旦那がいるご婦人に手を出してトラブって追い出された昭栄爺さんのパワーもまだまだ捨てたものじゃないですよ。(笑)

そして、自分の首がかかった花澤紀一郎の会社でのピンチと、大混乱になる大道寺家と花澤家の間に入ってオロオロする、強面遠藤憲一が演じる大道寺保でしょう。

犬の花澤太郎も活躍する場面が多そうな第6話の見どころは、すなわち、「全部」です。(爆笑)

お義父さんと呼ばせて
ドラマ公式サイト

たった一人、留美子の登場が、これだけの人間関係に影響するというのは、「ファミリーコメディ」の真髄を見せてくれます。果たして、大道寺保と花澤美蘭の「年の差婚」は、いったいこのままウェディングベルを鳴らすことができるのでしょうか?
大爆笑の連続の「おとうさんと呼ばせて」第6話は、今晩、午後10時、フジテレビ系で放送でーす。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。