山崎育三郎が「お義父さんと呼ばせて」で、面白いキャラクターを作り上げ話題となっています。山崎育三郎が演じるのは砂清水誠という、主演の渡部篤郎が演じる花澤紀一郎の部下の役で、W主演の遠藤賢一が演じる大道寺保の「恋敵」という役柄です。コメディ初挑戦で大いに面白いキャラクターを作り上げる山崎育三郎にスポットを当ててみたいと思います。

お義父さんと呼ばせて
ドラマ公式サイト

 

「お義父さんと呼ばせて」でコメディ初挑戦となる山崎育三郎が面白い

すでに、ミュージカル界では、名前が知れ渡っていた山崎育三郎ですが、先の「下町ロケット」で演じた真野賢作役が大当たりして、知名度もテレビのおかげで「全国区」となりました。(笑)

砂清水誠役 山崎育三郎
ドラマ公式サイト

そして、今回はコメディに挑戦している山崎育三郎ですが、オリジナルドラマで原作が無いので、極めて自由な発想で役作りに励んでいます。山崎演じる砂清水誠はど派手で面白いキャラクターですが、これはひとえに山崎の役作りの賜物です。(笑)

 

「お義父さんと呼ばせて」の面白いキャラ作りは「テーマ」から

山崎育三郎によれば、「お義父さんと呼ばせて」の砂清水誠役に抜擢された時、原作の無いオリジナルの脚本を演じることに対して、「イメージ作り」の大事さを強調していました。

原作があれば、そのイメージを想像しながら役作りができますが、オリジナルの脚本なので、「コメディ」という要素を考えながら自分で周囲の人物やら人間関係を考慮して、監督や演出のスタッフたちと一緒になって面白い役作りに励んでいるそうです。

渡部篤郎 山崎育三郎
ドラマ公式サイト

そして、今回の「お義父さんと呼ばせて」で山崎育三郎がキーワードに選んだのが「ど派手」だそうです。(笑)兎に角、「ど派手」をキャラクターの砂清水誠の「テーマ」としてイメージを描いているそうですが、最初に登場した砂清水誠には管理人も面喰いましたが(笑)、さすがに徐々に慣れてきて、今では山崎が映るだけで吹き出してしまいます。

 

山崎育三郎自身も楽しんでできる「ど派手」で「面白い」役作り

ご存じのように、ミュージカル界ではプリンスという地位をすでに手に収め、ついでにモー娘の安部なつみも手に入れ、目下絶頂の男、山崎育三郎ですが、彼自身、ミュージカルと違うドラマの世界をエンジョイしているようです。つまり「役者冥利に尽きる」ということですね。

これには管理人も大いに賛同する次第で、何事もそうですがご本人が一番楽しくやる事が、全てを優先すると思っています。

カラオケ
ドラマ公式サイト

ヒロインの花澤美蘭を演じている蓮佛美沙子も同じような表現でコメントしておりましたが、遠藤憲一や渡部篤郎を始め、蓮佛美沙子、和久井映見、中村倫也、新川優愛、品川徹中村ゆりか、さらには犬のクリまで、出演者が、皆、その役に成りきってお互いに面白い作りをしているのが伝わってきます。

その中でも、今回の山崎育三郎は自分の出自であるミュージカルの要素なども織り交ぜ、ど派手で面白い砂清水誠を作り上げたといっても良いでしょう。共演の上司アントニオ演じる渡部篤郎とのやり取りも面白いです。
いよいよ後半に入る「お義父さんと呼ばせて」ですが、まさか、土壇場で遠藤憲一が扮する大道寺保が恋人の花澤美蘭を横取りされることはないと思いますが、最後は無事、ウェディングベルが鳴ると良いですね。でも、その前にまだまだ砂清水誠の「邪魔」が入るのでしょうが。(笑)

お義父さんと呼ばせて」第6話は、火曜日午後10時、フジテレビ系列で放送です。
最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。