家族ノカタチ」第5話が放送されました。このところ、西田敏行が演じる永里陽三にずっとイライラしていましたが、陽三が会社にまで顔を出した時点でアウト、リタイヤしました。まさか、大好きなオープニングテーマがかかる前のリタイヤには苦笑してしまいました。たぶん、これが最終回となるでしょう。(笑)

家族ノカタチ
ドラマ公式サイト

 

家族ノカタチ第5話の入りは良いかなって思った瞬間

上野樹里が演じている熊谷葉菜子のキャラも、いまいち、彼女の魅力が出ていないと感じている管理人ですが、ドラマが始まってから、元亭主の高瀬和也(田中圭)との離婚の原因もわからず、いよいよ今回ではっきりするかなって期待したオープニングでした。

マンション
ドラマ公式サイト

葉菜子が住むマンションの上階から、何やら落ちてきて、それがブーケで、結婚式のシーンが出たところは興味があったのです。

しかし、それが葉菜子の「夢」だと分かり、起きてくると、葉菜子のマンションに上がり込んだ永里陽三が、またもや葉菜子の母、熊谷律子と、ウェディングのエスコートの練習をしているのです。

若い姉ちゃんと再婚までして、彼女に逃げられ、彼女の連れ子浩太を息子大介のマンションに連れてきた陽三が、知り合ったばかりの葉菜子の母律子とイチャついているようにも見える演技には癖癖していました。

永里陽三 熊谷律子
ドラマ公式サイト

ここまでは、何とか辛抱できていたのですが、その直後、永里陽三が大介の会社にまで押しかけてきて、社内で、入江春人(千葉雄大)の挙式の打ち合わせをしているシーンで完全にアウト。そのまま、オープニングのメインテーマがかかる前にリタイヤしました。(笑)

それでなくても、西田敏行の「悪の強さ」はすっごーいものがありますが、あの気分の悪い荒川良々が演じる佐々木彰一と陽三が揃ったところで、我慢も限界。たぶん、これが「最終回」となるでしょう。

それにしても、オープニングのメインテーマまで、もたないとは・・・・。

 

下町ロケットの反動も大きい~今回で最終回

日曜劇場の前作、「下町ロケット」では、「元気をもらって月曜日から、また頑張るぞ」っていうコメントが数多く寄せられるほど、熱く胸に訴えるものがある、「元気がでるドラマ」でしたが、今作に関していうと、まったくの真逆で、「お節介」だの「押しつけがましい」行為だらけで、これほど気分を害するドラマも珍しく思ってしまいました。

もっとも、それが「テーマ」ならそれで良いのでしょうが、このドラマのキャッチにある「こじらせ」とは意味が違うように思います。少なくとも管理人の感覚では「こじらせ」ではなく、「はた迷惑」がテーマのように思われるからです。

熊谷葉菜子役 上野樹里
ドラマ公式サイト

ドラマの展開が変わることを期待して見ていましたが、ここまでくるとどうやら、家族ノカタチが見えないまま、何が何だかさっぱり分からずにリタイヤしそうです。

放送前から指摘されていた「下町ロケット」の反動は、想像以上のものがありました。ちなみに、今までの第4話まで観劇して、私はこのドラマで笑ったことは一度もありませんでした。ちょっと悔しい気がしますが、仕方ありませんね。

香取慎吾と上野樹里のキャストがもったいなく思います。もっと活かされる脚本になっていたら・・・。残念でなりませんね。たぶん、これが最終回になるのだろうなあ。(笑)
最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。