何やら本当に恐ろしい日が近づいているような気がします。まだまだマスメディアは十分にこの問題と本質に言及しないようですが、管理人は「人類の大問題」として捉え、警鐘を発することに決めました。

シンギュラリティ」という言葉が気になったことがきっかけで、私も調べてみました。すると、「技術的特異点」という言葉が出てきました。そして一緒に浮上したのが「2045年問題」です。

この翻訳「技術的特異点」という使い方に違和感を覚えています。最初に目にした時からずっとそうです。恐らくこれからもこのシンギュラリティの邦訳「技術的特異点」は私に馴染むことは無さそうです。

元々、漢字とはその文字が意味を持つようになっています。ところが、この「技術的特異点」という当て字から、それが何を意味するのかが伝わってこないのです。それが分からなければ「2045年問題」が何なのか見えてきません。

1

 

シンギュラリティ=技術的特異点とは?

分かり易く簡単に説明します。科学技術の進歩が目覚ましい今日ですが、コンピューターの出現から技術開発の進歩で演算能力が「飛躍的」に高度化され、それが人工知能(AI)にも応用され始めています。

そして、この人間の手で作った人工頭脳が、人知を超えて機械の頭脳が人間の頭脳を超えてしまうことを指しています。つまり「限界点」と言った方が分かり易いでしょう。

2

人間によるコントロールができなくなり、機械の頭脳が自ら判断し、決断するようになると、その先は機械自らが決めて、言ってみれば機械が勝手に行動するようになりますから「予測不可能」の事態が発生します。シンギュラリティというのは、その限界点を指した言葉なのです。

 

2045年問題とは?

グーグルが獲得したレイモンド・カーツワイル博士が提唱したのが「2045年問題」です。レイモンド・カーツワイル博士の主張は、科学技術の進歩の速度が一定ではなく、加速される点に注目しました。

そして、21世紀にはその加速度が倍速される度に急激な、人間が考えるスピードよりもっと速いスピードで変化して遂に2045年ごろには、人間を超える「頭脳の登場」、つまりシンギュラリティ(技術的特異点)に達すると予言しているのです。

3

2045年と言えば、あと僅か30年です。私、管理人は90歳になっているので、生きてはいないかも知れません。
レイモンド・カールワイツ氏のビデオはこちら

 

人類の寿命が飛躍的に伸びるかも?

これから30年先、管理人は「多分生きていないだろう」と前項で言いましたが、もしかするとそんな問題もクリアになっているかも知れません。

と、いうのはこの技術の進歩の速度は、他のフィールドでも同じように起こっているからです。カーツワイル博士のビデオを拝見しましたが、すでに物理学、化学、医学、など全分野で相互作用して幾何学的発展をしているのです。

私は膵臓を患っていますが、それも生物学にDNAを反映させて補強できるようになるようです。早いとこ、頼んまっせ!ですね。

そして、ずべての技術は現在考えているような医療をはるかに凌駕して、寿命はもっと延びるようになるというのです。

 

2045年問題はもっと早まるだろう

今年はずっと興味をもっていた分野が物理学です。そして、量子力学をかじっていたのですが、驚異的なニュースが飛び込んできました。これは今年の9月前くらいに目にしたのですが、カナダの企業が「量子コンピューター」を開発し、すでにアメリカの航空宇宙局や国家安全保障局、ロッキード・マーティンやグーグルなどに納入されていたのです。

どれだけの皆さんが量子について知っているのか、私には分かりません。興味のある方は是非、ヤフーでもユーチューブでも量子力学をご覧ください。

5
今までの私たちの常識では、物質の最小単位は原子とならってきました。その周りを電子が周っている構造は目にしたことがあるでしょう。しかし、物理学者はさらに、もっと小さな物質を捕え始めたのです。それが、量子です。

ところが、この量子というのが摩訶不思議な物で、観察した物理学者を驚かせたのです。何故なら、それがまさに今回のテーマにも通じる「予測不可能」な動きをしたのです。ここでは、これ以上、量子を追いかけません。

私がここで述べたいことは、この量子コンピューターで何ができるかを考えた時に、シンギュラリティ問題に出てくる人間の脳を超えるAIの開発が予測以上に早いものであろうという直感です。

おそらく、これから30年も必要としないでしょう。私のまったくの直感ですが「技術的特異点」の出現は、あと20年以内には実現してしまうのではないでしょうか。

4

 

想像をしてみてください。最初に登場したコンピューターは巨大でしたよね。それが、だんだんと小さくなり、今では手の中に納まるスマートフォンサイズになっているではありませんか。そして、それは腕時計のサイズまで小さくなっているのです。

カーツワイル博士の言っていることは証明済みです。進歩の速度が加速的になっていますが、人間と社会はそれに着いていくことは不可能でしょう。

量子コンピューターのビデオはこちら
今回は、まだマスメディアがあまり発表をしていない「シンギュラリティ」と2045年問題についてでした。

 

最後までお読みいただき本当にありがとうございました。