ドラマ「下町ロケット」の前半「ロケット編」がロケットも打ち上げに成功し、無事終了しました。視聴率も順調で遂に秋ドラマで唯一20%の大台に乗せました。キャストもメインの佃製作所の社長・航平を務める阿部寛を始め、中堅の若手俳優から芸人など多彩な顔触れ。今回は和田聰宏キャストを勤める佃製作所の営業マン江原春樹の男気と意地の名場面です。

ドラマ公式サイト

 

下町ロケットキャスト 和田聰宏が吠える江原春樹を熱演

巨大企業帝国重工より先に佃製作所が開発に成功したバルブシステム。ロケット打ち上げにどうしても必要な帝国重工・財前道生(吉川晃司)は特許買い取りを申し出ますが、社長の佃航平から「部品供給」を提案されてしまいます。

細部の部品に至るまで自社製品での製作に拘る帝国重工の藤間社長(杉良太郎)の命令を遂行したい財前でしたが、佃製作所の社風から社員の心意気、そして肝心のバルブシステムの完成度を自分で確認することになり驚嘆します。

帝国重工の藤間社長と佃製作所の佃社長との間に入り、苦悩しますが、部下の富山敬治の画策で事態は急変します。富山主任による佃製作所の予備審査が行われることになったからです。そして、むろんこの審査は名ばかりで、実は富山が画策した「落とすためのテスト」だったのです。

そんなこととも知らず、営業第1部の係長、江原春樹和田聰宏)も経理部長・殿村(立川談春)や技術開発部・山崎(安田顕)らとともに帝国重工審査部・田村の面接を受けます。

信じられないような、陰湿でネチネチしたいちゃもんを突き付けられ、中小企業で下請けという立場もあり、言葉が返せない佃製作所の面々でした。

ドラマ公式サイト

 

散々罵られた挙句、無理難題の課題を負った江原春樹と経理の迫田滋(キンコメ今野浩喜)は佃製作所の屋上にいました。元々、この二人は技術開発の若手・真野と同様、部品供給には反対だったのです。

迫田が江原に言います。「どっちみち、受かる訳はないんだよ。」部品供給に反対だった迫田が言います。「ダメでいいんじゃないか」という迫田に江原が異議を唱えたのです。

「冗談じゃない。あんな理不尽なこと言いやがって」江原の言葉には「怒り」が込められていました。佃製作所は帝国重工よりも先に素晴らしい製品を開発していた事実と、暴言ともとれる言いがかりを黙って見過ごす訳にはいかないと自尊心を叫びます。

和田聰宏の熱演が光る江原春樹の名場面でした。悔しさをぶつけた江原に経理の迫田が呼応したシーンはまさに男気が伝わったシーンでした。恰好良かったですね、江原春樹

 

下町ロケット 和田聰宏が演じる江原春樹の正論と佃社員の反応

無理難題と思われた資料作成を江原春樹の提案で、全社員一丸となって徹夜作業で作成を終え、二日目の予備審査になりました。「落とすための予備審査」ですから、当然のようにこの資料についても、文句を言われます。

歯ぎしり佃社員たちですが、迫田の田村に対する返答に佃社員たちの思いは徐々に爆発の予感を感じさせます。

ドラマ公式サイト

 

迫田が営業赤字解消の目途を経理の視点で説明しても、鼻から聞く耳をもたず、御託を並べる田村に対し、遂に江原春樹が言います。

自分たちが必死の思いで作成した資料を精査しないのなら、「もう止めませんか。いい加減な言いがかりのための審査など無意味だ」とはっきりした口調で「あなたは何しに来ているんですか」という江原の言葉がこの後に続く殿村直治の決定打に繋がっていきます。

礼儀正しくも相手に対し正論を吐く江原春樹の超恰好いい名場面でした。ここでも和田聰宏白熱の演技が光っていましたね。

下町ロケット」の主役はもちろん社長の佃航平ですが、このドラマの素晴らしいところは、それぞれが皆、「主役」なんですよね。部品供給に反対だった江原春樹の男気と意地が光ったシーンでした。

 

最後までお読みいただき本当にありがとうございます。