大奥第1部が放送されました。まゆゆことAKB48の渡辺麻友大奥女中お志摩役で時代劇に初挑戦しました。まゆゆはちょっと丸顔でカツラは不似合いな感じもしましたが、主演の沢尻エリカ演じるお美代のスパイ役と美味しい役処で、無難に演じきりました。

大奥
ドラマ公式サイト

 

まゆゆ(渡辺麻友)演じるお志摩は男には興味がなかった

流石はフジテレビの「大奥」です。見応えは十分でした。主役のお美代の方を演じた沢尻エリカの演技も素晴らしかったです。非常に冷静でクールで、時には冷徹とも言える非情な女を実にクールに演じていて好感を持てました。

そして、そのお美代の方の愛女を演じたのが、まゆゆこと渡辺麻友です。時代劇に初めてチャレンジということでしたが、女優としてはまだ駆け出し、それほど高い評価には値しなかったとも言えるでしょう。そして、やっぱり、どことなくカツラが不似合いに感じました。少し、面長の方が日本髪には似合うように思います。

お志摩役 渡辺麻友
ドラマ公式サイト

大奥御殿の庭先に一人佇んでいるお志摩を見掛けたお美代の方は、お志摩に何をしておると尋ねます。お志摩は蛙が交わる姿を見ていたのです。

女の上に乗って勝った気でいる男は馬鹿者だと決めつけるお志摩に、お美代は惹きつけられました。お美代にとって、大奥での「お手付き」は自分の出世、権力を手に入れる道具だったからです。

お志摩の考え方に、「人」としての魅力を感じてしまったお美代は、自分も「女性愛」に目覚めることになってしまいました。人を愛するという情念をお志摩によって初めて体験することになったのです。

辛い過去があるお美代の方は、男に対する不信と怨念から、男嫌いになっていたのです。中野清茂から聞いた自分の生い立ちから、復讐と権力が目的となっていた大奥での生活でした。

しかし、お志摩と出会ったお美代の方は、男を蔑む女中のお志摩の虜となってしまいます。

大奥
ドラマ公式サイト

脚本、演出も素晴らしかったですね。性描写も非常に抑えられており、むしろお美代の方の心情が伝わるような描写と映像になっていたと思います。

 

大奥の側室お美代の愛女となったお志摩は実はスパイだった

しかし、ドラマ終盤になると、このお志摩は実は父・中野清茂のライバルである寺社奉行・脇坂安董(浜田学)の送り込んだ女スパイだったのです。別説によると、中野清茂とお美代の方を詮索してお縄にしたのは、寺社奉行の阿部正弘ということになっておりますが、この際、野暮なことはここでは踏み込まないでおきましょう。

しかしながら、将軍家の祈祷所として各段の扱いを受けた智泉院と感応寺は、この寺社奉行の取り締まりにあい、当時専行院となっていたお美代の方と中野清茂ともに、座敷牢に入れられ失脚したのは史実です。

残念ながら、第1部「最凶の女」では、そこまでの展開はございませんでした。

お美代の方役 沢尻エリカ
ドラマ公式サイト

しかしながら、脇坂安董(実在)は自分の養女をスパイとして、日啓の元に送り込んだという史実はあるようです。時代劇に初挑戦した渡辺麻友まゆゆは兎角、沢尻エリカとのラブシーンで話題となりましたが、実はとても美味しい役どころだったのです。

舞台が大奥ですから、やはり数多くの女性キャストが登場しますが、その中でも沢尻エリカの演じるお美代の方は随一だったのではないでしょうか。

来週の第2部も沢尻エリカが再び登場します。次回は物語が将軍家斉の青年期となり、沢尻エリカと蓮佛美沙子の共演が楽しみです。成宮寛貴は次回は徳川家斉の若い時の将軍を演じますよ。
最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。