家族ノカタチ」がいよいよスタートします。高瀬和弥キャストが未だに決まっていませんが、サプライズキャストとなるのでしょうか?主演の香取慎吾(永里大介役)と上野樹里(熊谷葉菜子役)の「こじらせコンビ」がどんな「カタチ」でくっ付くのか、葉菜子は元亭主の高瀬和弥と寄りを戻すのか?何が起こるか分かりません。

ドラマ公式サイト

「家族ノカタチ」のメインテーマとは?

核家族となって久しい日本の戦後、高度成長期後の社会ですが、その変化もスピードを増し、究極の「核家族」の時代となりました。

究極というのは、基本的に「家族」と呼べないレベル、つまり限りなく家族が「個人化」してしまったのです。読んで字のごとく「家族」というのは「族」ですから、グループという意味ですが、フランスやイギリスにも見られるように、家族が崩壊して、個人のレベルまで社会が分裂してしまったのです。言い換えれば、「家族の消滅」です。

そんな現代にあって、改めて「家族」に焦点が当てられたのが、この「家族ノカタチ」です。ドラマにもあるように、独身で生きる選択もあれば、「結婚できない」族も増えています。今ほど「婚活」が盛んな時代は過去には無かったでしょう。

3

熊谷葉菜子のように、結婚しても別れてしまう夫婦も多い現代です。高瀬和弥との間には子供がいないようですが、果たして「子供ができなかった」のか「子供を作らなかった」のか、いろんなテーマが隠されています。

借金」「旦那の収入」「浮気」「性格の不一致」「奥さんのパチンコなどギャンブル癖」など、考えれば多くの落とし穴がある現実社会ですからね。

 

高瀬和弥のキャストはサプライズ?

ドラマの一方の主人公の永里大介には、元カノ大野美佳として、観月ありさがキャストになり、「慎吾&ありさ」で喜んでいるファンも多いようです。

観月ありさと言えば、去年、青山光司と結婚したばかりです。香取慎吾とは、遠い昔、ドラマ共演がきっかけで、一度は「カップル」だった時代もあったようですから、慎吾とありさの共演は見どころの一つになるに違いありません。

しかし、もう一方の熊谷葉菜子の元亭主・高瀬和弥の方のキャストが未発表なのです。今のところ、解っていることは、高瀬和弥という名前と35歳という年齢だけに留まります。

家族ノカタチ
ドラマ公式サイト

 

熊谷葉菜子が20代に結婚して、一年で離婚に至ってしまった原因などはドラマで明らかにされるでしょうが、ドラマの展開や、過去の経緯などを考慮してキャストが決まるのではないでしょうか。上野樹里とお似合いのキャストを選ぶのかも知れませんね。

サプライズキャストが得意のTBS(笑)ですから、高瀬和弥キャスト発表が楽しみです。

いよいよ「家族ノカタチ」は、今月17日、日曜劇場午後9時からです。
最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。