ドラマ「お義父さんと呼ばせて」の追加キャストに、下町ロケットでは「真野賢作」として活躍した山崎育三郎の起用が発表されました。「名優養成所」のような下町ロケット出身者の快進撃です。山崎さんと言えば、ドラマ終了時に「安倍なつみと結婚」と別のロケットを打ち上げたばかりです。

お義父さんと呼ばせて
ドラマ公式サイト

2

 

下町ロケットでは「裏切り」から「聖人」に変貌する真野賢作のキャストで

変わりすぎ」などとも評された真野賢作ですが、別に山崎育三郎のせいではありません。キャストとなった真野賢作は前半のロケット編では、不良品を燃焼実験テストに紛れ込ませるなど「裏切り行為」を働いて自社佃製作所を窮地に追い込むなど悪さをするのですが、後半のガウディ計画では人工心臓の作成に携わり、自分が務める北陸医大の一村教授やサクラダの桜田社長と共に人工弁開発に真剣に取り組むなど、人間の変わりようが話題となりました。

真野賢作役 山崎育三郎
ドラマ公式サイト

 

前半と後半の山崎育三郎の印象はまるで違いますが、やはり前半の「裏切者」真野賢作の方がより強烈な印象として残っています。少し、伏し目で、小さいけどしっかり通るしゃがれ声。ウェーブ係った髪の毛と髭。さすがに「ミュージカル」でマリウスを演じる男だけありましたね。

後半のガウディ計画では、前述した一村隼人教授と桜田章社長との共演のシーンが多く、今田耕司の余りにも「下手過ぎ演技」にもっていかれ(笑)若干、アピール度は減ってしまった感があります。脚本、演出でこれほどまでに視聴者に与えるアピールは変わるのですね。

 

「お義父さんと呼ばせて」でもオイシイキャストの山崎育三郎

ドラマ終了時に発表された女優で歌手でもある安倍なつみとの結婚報道でも話題を振りまいた山崎育三郎ですが、1月からフジテレビ系列で放送が予定されている「お義父さんと呼ばせて」では、またままオイシイキャストを務めるようです。

お義父さんと呼ばせて」は主人公となる51歳の独身おっさんが「結婚を夢見て何が悪い」とばかりに、28歳という年下の女性に恋をする物語ですが、プロポーズをする女性の父親が自分と同い年とすでに最初から面白いシチュエーションコメディです。

お義父さんと呼ばせて
ドラマ公式サイト

 

そして、山崎育三郎がキャストになったのは、主演の遠藤憲一が演じる大道寺保の「恋敵」の砂清水誠という役です。ヒロインの美蘭に夢中になり「君のためなら死ねる」と迫るのですが、敢無く撃沈されるという役です。

恋が成就しようが、しまいが山崎育三郎はヒロインにアタックできる役どころというのですから、またまた「オイシイ所取り」ですよね。年長者の大道寺保との、「恋人争い」で笑わせてくれそうです。

 

ミュージカルスター街道から俳優として活躍の場が広がる

下町ロケットでブレイクした感のある山崎育三郎ですが、実はミュージカルの世界では、すでに「スター」の地位を確立していたのです。山崎育三郎は、現在29歳。12歳からミュージカルに出演しており、高校時代にはアメリカ留学、そして現地のコンテストで入賞するなど、素晴らしい経歴があります。

レ・ミゼラブルではマリウスを演じ、ロミオ&ジュリエットでは主演のロミオを演じるなど、すでにミュージカルのトップスターとして活躍、四年前に「嵐が丘」で共演した安倍なつみと交際後、いよいよ結婚秒読みと至った次第です。

山崎育三郎
ドラマ公式サイト

 

それにしても「下町ロケット」から「悪党たちは千里を走る」そして、この「お義父さんと呼ばせて」とドラマが続く山崎育三郎は、俳優としての地位も固めつつありますね。

山崎育三郎キャストで、俄然注目度もアップした「お義父さんと呼ばせて」は、新春1月19日の10時からです。初回は15分の拡大枠で放送でーす。
最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。クリー・クリスマス&ハッピーニューイヤー!!